Markforged Metal X / マークフォージド社 メタルエックス

Markforged Metal X / マークフォージド社 メタルエックス

従来の金属粉プリンターのように金属粉を扱う際の手間が全くない為、造形プロセスにかかる時間が大幅に削減できます。

これまでの10分の1の価格で完全に実用可能な金属パーツを製造することができるだけでなく、使用できる素材も幅があるため様々な用途で活用できます。

商品カテゴリー: ,

説明

新世代の金属3Dプリント技術

Metal Xは金属粉末射出成形法と3Dプリント技術を組み合わせたプロセスに基づき設計されており、密度99.7%の実用可能な金属部品製造が可能です。
粉末を敷き詰める従来の金属3Dプリントで危惧される安全上の問題を解決するだけでなく、造形速度、素材交換時の扱いやすさでも大幅に向上しています。
また、特殊内部構造といった新しいインフィル機能性を持たせることで軽量化やコスト削減も実現可能となっています。

これまでにないプライスパフォーマンス

従来の金属3Dプリンターの10分の1で購入活用できるMetal Xのテクノロジーは、金属3Dプリントの在り方を変革するプライスパフォーマンスを提供します。

最もシンプルに操作できる生産設備

クラウドベースのソフトウェアに本体搭載のタッチパネルと自動トラッキングセンサーが連動し、マシンから離れていてもリアルタイムで造形管理を行うことができます。

データ処理から造形、洗浄、焼結までが一貫してできる総合的システムです。

造形例とコスト削減費率

metal X 2

ポンプインペラー

マシンニングやキャストの仕上がりを待つ必要はありません。

インペラの様な複雑な構造物の造形も、翌日にはパーツを手に入れることができます。 耐腐食性に非常に優れた316Lステンレスを使用すれば、機能性を持った成果物としてすぐに使用することができます。


典型的なマシンニングコスト:68,824円 ($602.58)

Metal Xによる3Dプリントコスト:1,607円 ($14.07)

98.24%もの経費削減に!


metal X 3

カム軸スプロケット

強度と表面硬度に優れた17-4ステンレスを使用すれば、カム軸スプロケットのような歯のあるパーツも実用な可能な状態で造形できます。


典型的なマシンニングコスト:3,1873円 ($279.06)

Metal Xによる3Dプリントコスト:1,434円 ($12.56)

95.50%もの経費削減に!


metal X 4

射出成形金型

インジェクションモールドを造形すれば、単体のプロトタイプの製作から、量産に使用することができます。

一点ものの鋳型を従来の手法で製作よりも多大なコストを削減することができます。


典型的なマシンニングコスト:370,914円 ($3,247.48)

Metal Xによる3Dプリントコスト:5,245円 ($45.93)

98.59%もの経費削減に!


metal X 5

航空機のブラケット

マシンニングやキャストでは実現不可能なパーツもMetal Xなら可能になります。

写真の様な航空機のブラケットのデザインは3Dプリント技術の特性とMatel Xの機能性を最大限に活かしている為、実用性のある強度を保ったまま驚く程軽量化されています。


典型的なマシンニングコスト:207,034円 ($1,812.66)

Metal Xによる3Dプリントコスト:3,827円 ($33.51)

98.15%もの経費削減に!


使用可能な素材

metal X 25

ステンレススティール 17-4 & 316L

17-4ステンレスは強度、耐腐食性、硬度が高く、航空宇宙や医療、石油産業で多用されています。

Markforged社製3DプリンターMark Xの製造現場ではアセンブリー設備や工具に使用しています。

316Lステンレスは海洋グレードとしても認知されており、耐腐食性だけでなく溶接性にも非常に優れています。

metal X 26

アルミニウム 6061 & 7075

一般的な用途向けアルミニウムとして、6061は被削性、強度そして溶接性に優れています。

さらにメッキ処理することもでき、Markforged社製3DプリンターMark Xの製造現場ではコンポーネントとしても多用しています。

7075アルミニウムはアルミ合金の中でも最も強度の高い金属素材の一つです。疲労強度に優れ、高い強度重量比を持つため、この合金は一般的な構造用鋼 (
structural steel A36, 1018)よりも強く、航空宇宙やレーシングカーでも汎用されています。

Markforged社製3DプリンターMark Xの製造現場ではプリントベッドにおけるキネマティックカップリングに使用しています。

metal X 27

工具鋼 ベータ版 A-2 & D-2

A-2工具鋼は空気焼入れにより優れた耐衝撃性を持ちます。

Markforged社製3DプリンターMark Xの製造現場ではパンチなどの工具に使用しています。

カーボンとクロミウムを多く含むD-2工具鋼は高い硬度と耐摩耗性を持ち(A-2よりは低い)切削工具などに多用されています。

metal X 28

インコネル ベータ版 IN Alloy 625

耐熱性に非常に優れたインコネルは強度も高く、熱と圧力に耐える必要のなるアプリケーションに最適です。

このニッケルベースの超合金は加工がとても難しくさらに耐薬品に優れているため、ジェットエンジンや医療シーンで多用されています。

metal X 29

チタン合金 ベータ版 Ti-6Al-4V

金属の中で最も高い重量比強度を持つチタン合金6-4は、軽量かつ耐疲労性と高抗張力を必要とするアプリケーションで活用されています。

生体適合性を持つこの金属素材は整形外科や人工関節といった医療業界で幅広く使用されています。

造形の流れ

金属射出成形技術と3Dプリント技術を組み合わせたADAMは、全く新しい手法で金属パーツを製造します。

rect4485

設計

CADで製作した後はSTLをアップロードし使用する金属の種類を選択するだけ。その他のデータ処理は専用付属のEigerソフトウェアで簡単に行うことができます。

metal X 8

造形

金属粉末と結合剤で造形しパーツの形状に仕上げます(グリーン体)。シンタリング処理での収縮率を踏まえ大き目に造形されます。

metal X 9 (1)

焼結

グリーン体の洗浄処理を行い付着している結合剤を除去します。その後、真空炉で焼結処理を行いバインダーを原子拡散させることで完全な金属パーツに仕上げます。

metal X 10

成果物

パーツには金属のみが残り、99.7%の密度を持った実用可能な状態になります(シルバー体)。この後は通常の金属パーツと同様の追加処理を行うことができます。

造形後の処理に必要な設備

image4495

洗浄マシン WASH-1

Wash-1は洗浄前パーツを専用液の中で浸し主要なバインダーを取り除きます。洗浄後の焼成プロセスで残りのバインダーが焼き切りやすいようにパーツに準多孔性が残ります。最終成果物を純粋な金属に仕上げ、焼成炉を綺麗に保ちために重要なプロセスです。


マシン外周:609 x 685 x 1067 mm

洗浄容積:18,356㎤


image4508

焼成炉 中 SINTER-1

SINRWE-1は高性能かつコストパフォーマンスに優れた焼成炉です。手に入れやすい価格で、十分な容積をそして耐久性をもつ設備です。

4760㎤の収容容積で、洗浄後パーツを無駄なく簡単に純粋な金属パーツへ仕上げることができます。金属粉末射出成型法(MIM) に基づき設計された設備で、中型パーツや小型パーツの量産時に最適です。


マシン外周:1067 x 483 x 406 mm

洗浄容積:4,760㎤

最大温度:1300℃


image4519

焼成炉 大 SINTER-2

22,283㎤もの収容容積を持つSINTER-2はMetal Xで造形できる最大容積を収容できる大きなパーツや量産時に最適な設備で、幅広い商用グレードの金属を焼成することができます。


マシン外周:1778 x 1016 x 1270 mm

洗浄容積:22,283㎤

最大温度:1300℃


検討から導入後まで

トータルサポート

ご購入検討時から納品設置、導入後のオペレーションの流れまで、徹底的にサポートいたします。

導入相談

見積りや細かなスペックをお伝えするのはもちろん、デモ機の見学、ソフトウェアの事前確認なども喜んで対応いたします。

サンプル造形

性能を確認していただく為、サンプル造形を行っています。

大型なものとなるので無償では承っておりませんが、お気軽にご相談ください。

設置

納品日に当社の技術スタッフが設置にお伺いします。パソコン設定からソフトウェアのダウンロード、適切に使用するためのマシン配置などもすべてお任せください!

*交通費と宿泊費が実費でかかります。

研修

折角導入したマシンをフル活用するためには、マシンとソフトウェア使用方法を学んでいただくことが不可欠です。

造形試験などを含むため、半日以上お時間をいただくこととなりますが導入初期のストレスが劇的に軽減されます。

*交通費と宿泊費が実費でかかります。

国内保証

ビジネス用の3Dプリンターにとって、何か起きた時に日本国内で修理やサポートを受けられることは長期的なコストやリスクを考えると必要な項目だと考えています。DDDJapanでは各メーカーとの密接な信頼関係を通じ国内で最大のブランド数を扱うサポートセンターを構えております。

不調時のマシン診断、メンテナンス、修理も全て無償で⾏います。センドバックでの修理時にもマシン送料等は一切かかりません。

スペック

項目
造形サイズ 250 x 220 x 200 mm
造形方式 ADAM (Atomic Diffusion Additive Manufacturing)
スライシングソフトウェア  Eiger (付属)
ソフトウェアログイン シングルユーザーサインオン
二要素ユーザ認証システム
PRODUCTIVITY Printer Fleet Management
Organization Admin Portal
ソフトウェア形態 クラウドベース
ローカルストレージ
オンプレミス(別途オプション)
Z解像度 50μ~
本体サイズ 68 kg
本体操作 タッチパネル
使用可能な素材 17-4 Stainless Steel
316L Stainless Steel
6061 Aluminum
7075 Aluminum
IN Alloy 625
A-2 Tool Steel
D-2 Tool Steel
Ti-6Al-4V
母体カートリッジ バインダー
内部パーツジオメトリー Closed Cell Triangular Infill
Closed Cell Hexagonal Infill
製造国 アメリカ

You may be interested in View All