INTAMSYS FUNMAT HT / インタンシス ファンマット HT

INTAMSYS FUNMAT HT / インタンシス ファンマット HT

エクストルーダー温度を400℃まで設定することができ、高温条件が求められるPEEKやULTEM、PPSUなどのエンジニアリングプラスチックで造形することができる業務用3Dプリンターです。
エンクローズされた造形室内ではチャンバー温度も管理することができます。

お問い合わせ先 info@3dpc.co.jp

商品カテゴリー: ,

説明

PEEK, PEI, PPSUなどの
エンジニアリングプラスチックで造形できる3Dプリンター

部品に金属が使用できない医療用機器でPEEKを使用しているが、3Dプリント技術を活用して外注による製造コストやインベントリーに掛かる経費を削減できないか。

ULTEMなどのエンジニアリングプラスチックで実用パーツの製造を行いたい。

「完璧な万能3Dプリンター」は存在しませんが
「ピッタリなツール」を選ぶことは可能です

PEEKでの造形

エクストルーダー温度は400℃まで設定することができ、高温条件が求められるPEEK, PEI, PPSUなどのエンジニアリングプラスチックで造形することができます。

IMG_0605-1024x633

チャンバーの温度管理

造形室内は90℃に設定ができます。エンジニアリングプラスチックだけでなく、ナイロンやポリカーボネートでの造形ももちろん可能です。

6-1024x683

検討から導入後まで

トータルサポート

ご購入検討時から納品設置、導入後のオペレーションの流れまで、徹底的にサポートいたします。

導入相談

見積りや細かなスペックをお伝えするのはもちろん、デモ機の見学、ソフトウェアの事前確認なども喜んで対応いたします。

サンプル造形

性能を確認していただく為、サンプル造形を行っています。

大型なものとなるので無償では承っておりませんが、お気軽にご相談ください。

設置

納品日に当社の技術スタッフが設置にお伺いします。パソコン設定からソフトウェアのダウンロード、適切に使用するためのマシン配置などもすべてお任せください!

*交通費と宿泊費が実費でかかります。

研修

折角導入したマシンをフル活用するためには、マシンとソフトウェア使用方法を学んでいただくことが不可欠です。

造形試験などを含むため、半日以上お時間をいただくこととなりますが導入初期のストレスが劇的に軽減されます。

*交通費と宿泊費が実費でかかります。

国内保証

ビジネス用の3Dプリンターにとって、何か起きた時に日本国内で修理やサポートを受けられることは長期的なコストやリスクを考えると必要な項目だと考えています。DDDJapanでは各メーカーとの密接な信頼関係を通じ国内で最大のブランド数を扱うサポートセンターを構えております。

不調時のマシン診断、メンテナンス、修理も全て無償で⾏います。センドバックでの修理時にもマシン送料等は一切かかりません。

さらに詳しく!

スペック

メーカー名
INTAMSYS

機材名称
FUNMAT HT

製造国
中国

3Dプリント方式
FFF

造形サイズmm
260 x 260 x 260

造形速度
30-300mm/秒

ノズル直径
0.4mm

フィラメント直径
1.75mm

スライシングソフトウェア
専用付属I-Suit

データ送信方法
USBケーブル, SDカード

ビルドプレート調整方法
手動

チャンバー温度
70℃

エクストルーダー温度
400℃

ビルドプレート温度
100℃~150℃

Z解像度
50μ~300μ

本体サイズ (mm)
540 x 500 x 650

本体重量
43kg

使用素材
PEEK, ULTEM (PEI), 炭素繊維ミックス , TPU, PPSU, ポリカーボネート, ナイロンなど

電源
インプット
100~120V,18A/200~240V,10.5A,50~60Hz,1200W
アウトプット
DC 24V, 25A

対応OS
Windows XP以降、Mac OS X v10.7以降、Ubuntu 14.04以降

読み込み可能なデータ形式
.stl, .obj

FAQ

You may be interested in View All