再生医療と3D造形について 特集がテレビ放送されます

再生医療と3D造形について 特集がテレビ放送されます

再生医療と細胞工学の分野で
3D造形技術が注目されています

これまでもシート上に単一の細胞を培養したり、既成の足場に培養を培養し定着させることは細胞工学や再生医療の現場では実用がされていますが、実は人体の模倣状態を作るには多くの課題があります。

ミクロ構造の構築
多種細胞の配置
3次元内部構造の構築
毛細血管網の構築の血液灌流
細胞誘導・増殖・分化制御

これらの課題を乗り越えることは従来の手法では「不可能」とされていました。

3D造形という技術が、医療業界とは別の分野で技術革新を重ねるに連れ、今まで想像の中だけであった3次元内部構造を持った細胞・組織の構築というのが、「理論上は可能」ということろにまで来ています。

「出来ない」が「出来るかもしれない」に変わることは、とても大きな一歩だと信じています。

再生医療といった目立ちがちな用途だけでなく、

創薬スクリーニングや病床モデルなど、世界中の命を救うことに繋がる研究でも3D造形技術は非常に大事な役割を担っています。

初回は山梨県での放送となりますが、全国のテレビ局での放送を予定しております。

機会があれば是非ご覧ください。

4月4日 18:15~ 放送予定

Share this post