Voxel8 / ヴォクセル8

by DDDJapan
売り切れ

電子機器産業にパラダイムシフトが起こります。

最小ロットにも、コストにも、デザインにも縛られない
デバイスの設計・製造が可能になります。

"電子機器産業に革命が起こる"

電子回路が3Dプリントできる世界初の3Dプリンター
シルバーインクでの造形で従来の供給連鎖の常識が変わります

 

「今までカスタマイズ性の強い装置製作の案件はコストとのバランスが取れずに断っていた」
「試作品段階で機能性をも備えたものが作れれば、より取引がスムーズになるに」
「今まで不可能だったデバイスデザインに挑戦したい」
そんな想いにお答えします!

"未来をデザインする"
Voxel8はMITの出版したテクノロジー評価で、世界で一番スマートな企業50選に選ばれた希望の星です。

梃子の原理を使えばより重いものを持ち上げられるのと同じように、Voxel8の提供する技術も、人類のための強力なツールの一つにすぎません。
エンジニアやデザイナーが自分の電子機器をロット数やコスト、さらにはデザインに制限されることなく制作することができるので、世界の役に立つアイデアや装置がより多く発明されるようになるでしょう。

巨大なソフトウェア会社であるAutodeskはVoxel8のビジョンに感銘を受け、企業の一部を買い取り共同ディベロッパーとしてVoxel8を支えるシステム構築に尽力してきました。「革命的テクノロジートップ10」ともいわれているVoxel8は3Dプリント業界において、パソコンに例えればWindowsと同じ位の影響力を持つツールなのです。

"ハーバード大学との共同開発"
10年以上前から電子機器の製造に3Dプリント技術を応用するというアイデアはあったにも関わらず、最大の難関は3Dプリンターの中で機能する電子回路用マテリアル開発にあり中々実用化が進みませんでした。

Voxel8は10年前からハーバード大学と研究開発しており、3Dプリント業界初となるシルバーインクでの造型を可能にしました。

"コンポーネント挿入"
一時停止機能がついており、コンデンサーやLEDライトなどのコンポーネントを挿入する際にはプリンターが自動で停止し挿入を待ちます。
停止中はビルドプレートがホームポジションに戻るため、十分なスペースで挿入作業をすることができます。(ビルドプレートを外して作業をすることもできます。)
プリントを再開するときには磁気カプラーによって、中断した箇所から寸分違わず正確にプリントを始めることができます。

"正確な出力分け"
2つのエクストゥルーダーがそれぞれ違う役割で造型をします。

頑丈なデバイス外部を形成していくPLA用の出力部と、非常に伝導性の高いシルバーインクをプリントする出力部がそれぞれの機能を正確に果たしながらデバイスを形作っていきます。

縦にまたがるような回路でもレイヤー毎に正確に造型をしていくので最適な伝導性をもった造型ができあがります。

"正確な出力"
気圧を利用し250μ径のノズルからシルバーインクを出力します。圧縮した空気を使い容積流量をコントロールするため、クリーンな開始・停止が可能です。

"優れた伝導性"
Voxel8で開発されたシルバーインクは、現在3Dプリント業界で使用されている有伝導性フィラメントや導体ペーストと比べて実に500倍以上もの伝導性を持ちます。

"自立型"
Voxel8のシルバーインクは自立型に設計されています。出力時に筒形を保持しつつも造形上の隙間を補い、さらに強力に糊着するため電子部品がしっかりと固定されます。

"ポストプロセス不要"
室温で素早く乾き、しかも半田付けなど一切なしにコンポーネントと繋がります。後処理が必要ないので様々なサーモプラスチック素材と併用できます。

"設計と読込み"
Voxel8の魅力は革命的ハードウェアだけではありません。デバイス設計時に完全に機能するようにガイドをしてくれるのがAutodesk開発のProject Wireというソフトウェアです。

一から新しいデバイスを設計することもできますし、すでにあるCADモデルを読み込んだ上で電子コンポーネントを挿入することもできます。

"ライブラリ機能"
どんなものでも簡単に設計できるようにコンポーネントライブラリ機能が付いています。

ライブラリーからコンポーネントを選択し配置すると自動でサイズなどを計算し、電子回路を埋め込む位置などを教えてくれます。

"クラウドベース"
Wifiに接続し設計からスライシング、プリントまで全てインターネット上で行うことができるのでどこからでも仕事ができます。

プリンター設定などもクラウド上で行います。

"スライサー機能"
作成した3Dデータを輪切りにしてプリント計算するソフトをスライサーと呼びます。

コンポーネント挿入のための一時停止やシルバーインクとサーモプラスチックとのプリント分けなど、造型の完成度に直接関わる重要な要素ですが、Voxel8のソフトウェアは3Dデータを読み込む際に自動で全ての動作を計算します。

"保証と設置研修"

新しい設備とワークフロー、導入時に上手くいくか心配。
そういった方は、一年間の本体保証を別途で購入することができます。
少しでも気になる点があればDDDJapanのスタッフが日本国内にて修理、メンテナンスをいたします。

日本語での対応なので気軽に、そして故障時に海外へ返送する必要がないので早く安くマシンを整備することができます。

保証期間内でのメンテナンス・修理費はパーツ代も込みて全て当社にてお任せいただけます。
*マシンを当社へお送りいただく運賃のみご負担いただきます。

"Voxel8についてもっと詳しく!"

"ソフトウェアは付いてきますか?"
Autodesk社開発のProject Wireという設計・スライシングソフトウェアが本体に付属しています。
ライセンス料などの別途料金は一切かかりません。

スペック

造型サイズ: 10 cm x 15 cm x 10 cm
使用素材: PLA, 伝導性シルバーインク
サーモプラスチック プリント技術: FFFタイプ
シルバーインク プリント技術: 気圧式直出力
フィラメント直径: 1.75mm
シルバーインク幅: 0.25mm(250μ)
対応データ形式: STL, PLY, OBJ, OFF, AMF
一時停止機能: あり
接続方法: USB, WiFi
ソフトウェア: クラウド式
ブラウザー指定: Chrome, Firefox
ブラウザー指定: Chrome, Firefox
使用素材: PLA, 伝導性シルバーインク
シルバーインク抵抗: 5.00 × 10-7 Ω-m
シルバーインク硬化時間: 5分
Z軸(積層): 0.2mm(200μ)

カスタマーQ&A

何かご質問はございませんか?

いつでもお気軽にご質問下さい

質問する

最近の履歴

最近の履歴を消す