Raise 3D N2 / レイズ3D N2

by Raise3D
¥500,000

「15時間を経過したことろで突然の電源トラブル、今までの作業が全て無駄に」
「複雑な建築モデルなので大きいだけなく水溶性サポート材なども使用したいが使用できない」
「マシンが安定せず、上に行くに連れ造形がズレてしまう」

中 大サイズの造形にありがちなこんな悩みを解決します。

フルカラー7インチタッチスクリーン、電源喪失時の自動バックアップ機能、最小10ミクロン積 層のハイクオリティプリント、バラエティ豊かな対応フィラメント、鋭いエッジ、なめらかな曲線、 均整の取れた美しい躯体…最新鋭の1台をあなたに。

RAISE3D N2を採用すれば、最小10ミクロン(0.01mm)単位で正確にレイヤーを重ねることができ るので、あなたのデザインとイメージに限りなく近い形で再現することが出来ます。

2015年に大ヒットしたZortraxやデュアルノズルの王者と呼ばれるBCNSigmaを超える精度を実現します。 大きなサイズの3Dプリンターでは難しいとされる造形の安定性ですが、Raise3Dはボールスクリューを2本使用した設計により弱点を克服しています。このため、10μからのFDM市場最高のZ軸ピッチを実現することが可能になり、人の顔を造形すれば皮膚のシワや目のくぼみまではっきりと再現ができます。 エンジニアや建築家に重宝されるRaise3Dですが、その特徴は造形の正確さとバックアップ機能自だけではありません。簡単にシングルノズルからデュアルノズルにアップグレードができ、さらに用途の幅を広げることができるからです。 デュアルだと2色の素材が使用できるのはもちろん、片方に水溶性のサポート材やリモネンで溶けるHIPSなどを使用することでピンセットでも届かないほど細かなサポート処理の手間を省くことができます。 PC搭載のフルカラー7インチタッチスクリーンは視認性に優れたインターフェースを開発しており、造形時には進捗情報が直感的に分かります。存在感だけでなく見た目もよく、自社スペースだけなく多くの人が利用するファブスペースなどでも人気です。FDMプリンターにありがちなちっちゃくて見難い2色モニター、こんなに大きなタッチパネルで操作できるのも実はRaise3Dだけです。 Wi-Fi、USBポート、SDカードポートは言うまでもなく、Raise3Dはwi-fi機能も搭載しています。 パソコンから遠隔でデータを送信できるので社内のオペレーション効率も上 がりますし、さらに一度造形したものは本体に搭載のPCに保存されるので繰り返しの造形も簡単です。保存されたデータの管理もタッチパネルから簡単にできます。 たまには違った素材を使ってみたいけど、PLAとABSしか使えないというジレンマも解決してくれます。Raise3Dなら、特許出願中の技術により従来に比 べ多くのフィラメントの使用が可能です。 PLA, ABS はもちろんポリカーボネート, PETG, HIPS, PVA(水溶性素材), エラストマー, 金属ミックス, 木材ミックスまで使用可能な汎用性の高いスペックで、よりクリエイティヴな仕事を応援します。

カスタマーQ&A

何かご質問はございませんか?

いつでもお気軽にご質問下さい

質問する

最近の履歴

最近の履歴を消す