Proto-Pasta HTPLA v2.0 / プロトパスタ 高温PLA v2.0 500g

by Proto-Pasta
¥5,300

3Dプリント用特殊複合材料でトップの品質と人気を誇るProto-Pastaシリーズ

焼きなまし(アニーリング)加工可能な高温PLA

素材の概要

透明感のあるフィラメント

焼き鈍し処理された造形の熱たわみ温度は120C位にまでなります
通常のPLA, ABS, ポリカーボネートの熱たわみ温度は55C〜100Cなので比較するとかなりの高温に耐えることのできる素材です
なまし後の色は透明感がなくなります

焼き鈍し処理:サポート部分はそのまま残し、オーブンにてセラミックやガラス上に造形物を置き110C で1時間ほど加熱
加熱後も急激な温度変化を防ぐため冷めるまでしばらくオーブンに入れたままにすること

焼き鈍し処理によって収縮する可能性がありますより正確なサイズに仕上げるためには予め2.5%程大きめに造形することをおすすめします

カスタマーQ&A

何かご質問はございませんか?

いつでもお気軽にご質問下さい

質問する

最近の履歴

最近の履歴を消す