企業理念

我々が創業した2011年の頃、3Dプリンティングは現在ほど有名ではなく、航空宇宙業界や自動車のプロトタイプチーム、及びハイテクエネルギー活用分野に知られている程度のものでした。
創業チームはほどなく最初のサービス提供を達成しましたが、以降はなぜ3Dプリンティングが多くの業界において研究されないのか、頭を悩ませるようになりました。

「常に性能を向上させているマシンそのものではなく、産業への活用方法が、未だに広く知られていないことが問題なのではないか」

――それが、我々のたどり着いた結論でした。
強力な計算能力を持ったコンピューターがあっても、実地に即したプログラムがなければ結局活用できないように、利用者がマシンの適切な活用方法を知らなければ、3Dプリンティングも本領を発揮できません。
我々の解決すべき大きな課題とは、3Dプリンティング技術を活用できるように、いかに利用者を導いてゆくかというものでした。
そこで我々は、利用法に応じて最適なマシンをご提案することから始めました。また、お客様が目標へ到達できるように、「デザイン・設定・印刷」という3Dプリンティングの3つのメインステップを通じて、手に手を取り合って歩むことを心がけて参りました。

我々から3Dプリンターを購入されるということは、流行の装置を商社からただ購入することとは大きく異なります。
3Dプリンティングに関する知識や経験を共有し、お客様ご自身で3Dプリンティングから多くのことを引き出せるようになる、ということです。
これこそ、まさに我々がこのビジネスを始めた目的そのものなのです。

だからこそ、我々はすべての3Dプリンターブランドと手当たり次第提携するようなことはせず、自信を持って推薦できるブランドのみを扱っております。3Dプリンティングが唯一の専門分野であり、プロフェッショナルとしてその姿勢を崩すことがあってはならないと考えております。

創業以来、幸いにも何百にもわたる日本の素晴らしい企業様や団体様方とお取引をさせていただいております。
皆様と共に歩み続けることで、我々も日本の3Dプリンティング業界において最も広い経験と知識を持つプロフェッショナルであると自負できるほどになりました。

個人様から日本最大の企業様まで、多様なお客様に独自のサービスとサポートを提供できる存在として。
我々はこれからも一層の努力をして皆様のご愛顧にお応えしていく所存です。


- DDDJapan チーム