金属FFF式3Dプリンター関連資料ご紹介

3Dプリント機器の専門ショップ DDDJapan.com による、
金属FFF式3Dプリンターに関する資料一覧用のページです。

以下より個別の資料をダウンロードいただけます。

金属積層造形
- 5つの代表的用途 -

製造業における金属の造形工程は、これまで何百年にもわたり切削と成型に限られていましたが、金属3Dプリンティングの登場により全く異なる新しい道が開かれました。この資料では、従来の造形法に比べて金属3Dプリンティング加工が優れている点を説明するとともに、金属3Dプリンティングが従来の手法に勝る5つのアプリケーションを紹介します。

【内容】

  • 金属3Dプリンティングが
    従来の造形技術に勝る3つのメリット
  • 金属による機能試作
  • アームエンド ツーリング
  • カスタム ツール
  • 複雑なブラケット
  • 小ロットのエンドユース パーツ

ビジネスに最適な
金属3Dプリンターへのガイド

様々な造形方式の金属3Dプリンターの特徴とメリット・デメリットの比較や、金属材料の特性の紹介、使用用途やROI(投資収益率)についてご紹介しています。
金属3Dプリンティングをご自身の設備に導入するための第一歩のお手伝いをするガイドです。

【内容】

  • 金属3Dプリンターを使用するビジネス上の利点と技術的な利点
  • 現在利用可能なプリンターの種類とプリント可能な素材のグループ
  • 金属3Dプリントの4つの主要な用途分野
  • 金属3DプリンターのROI(投資収益率)を計算する方法(財務とプロセス改善の両面)
  • 金属3Dプリンターでビジネスを成功させる3つの方法

複合材料と金属の両方による
3Dプリンティング

高強度複合材料3Dプリンティングと金属3Dプリンティングは、いずれも高い価値を発揮するパーツ製作法です。それぞれが幅広い製造現場に対応できますが、両者が相互に補強し合うことで、スマートなソリューションが実現します。

この資料では、複合材料および金属材料3Dプリンターの相補的なテクノロジーを活用して製造工程の迅速な改善を実現する、いくつかの方法を紹介しています。

【内容】

  • 金属と高強度複合材料 - どちらを使うか
  • 複雑な金属パーツ - 3Dプリントした保持具へのニーズ
  • 複合材料工具に差し込む金属パーツをプリント
  • 治具・工具のニーズに合った最適な材料を使用
Please validate your form with reCAPTCHA.
Thank you!

金属3Dプリンティングを
素早く、低コストに、安全に

コスト削減&納期短縮

従来の金属3Dプリンターに比べて低価格で導入可能。
さらに、金属3Dプリンターにより金属部品を内製することで、
コスト削減・納期短縮を実現します。

安全な業務用3Dプリンター

金属粉末を直接扱わないため、安全に使用できます。
また、独自技術により、MIM(金属粉末射出成型法)相当の
金属密度を持った金属部品の製造が可能です。

Metal X

次世代型金属3Dプリンター
ステンレス・銅などの金属でパーツを造形。
Please validate your form with reCAPTCHA.
Thank you!

造形サイズ (幅 x 奥行 x 高さ)

300 x 220 x 180 mm


解像度

50 ~ 200 μm


豊富な対応材料

17-4 PH(SUS 630)ステンレス鋼、
工具鋼(H-13(SKD61), A2, D2)、
チタン Ti6Al4V、インコネル(IN)625、銅


Markforged とは

Markforged社は、世界初の技術を用いた連続繊維CFRPと金属3Dプリンターで業界を牽引しています。
製造業界で活用されることを前提とした3Dプリンターを提供しており、試作に留まらず、治工具や最終製品の製造が可能です。

現在お使いの製造のワークフローに3Dプリンティングを組み込むことで、
これまでより短時間かつ低い費用で、これまで以上に効率的な製品を製造できることでしょう。

Metal X

次世代型金属3Dプリンター
ステンレス・銅などの金属でパーツを造形。

Industrial Series

製造業向けの複合材料3Dプリンター
実践的な最終製品の造形が行えます。

Mark Two

コンパクトな卓上プリンター
アルミ並みに頑丈な複合材料造形を可能に。

Onyx Series

比較的安価な卓上プリンター
短繊維を用いた造形が可能です。

補助金・助成金で、機器を安く購入

ご心配なく!

弊社では、補助金・助成金のサポートを無償で行っております。

補助金・助成金を活用をすることで、最大3分の2までの金額補助の事例がございます。

ご興味がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

FFF式金属3Dプリンター、またはMarkforged社製品に関するお問い合わせは、
以下のフォームよりお願いいたします。