Markforged社 関連資料リスト

Markforged社は、世界初の技術を用いた連続繊維CFRPと金属3Dプリンターで業界を牽引しています。
産業界で活用されることを前提とした3Dプリンターを提供しており、試作に留まらず、治工具や最終製品の製造が可能です。

Markforged社の3Dプリンター活用事例を 弊社ブログ にて紹介しております。
ぜひ、ご活用の参考にお役立てください。

これまで未来的で非実用的な用途に偏っていた世間一般の認識を変える、3Dプリンターの実例集です。
既に3Dプリンティングを活用している方々の設計・製造ワークフローを、100件以上の3Dプリンター導入事例分析と共に紹介しています。

【内容】

  • 最新の積層造形
  • 比類なき設計の自由度がもたらす最高のパフォーマンス
  • 高強度部品によるエンジニアリンググレードの耐久性
  • 正確で信頼性が高く、再現可能な部品
  • 世界中どこからでもクラウド・プリンティング
  • 今後の積層造形

様々な造形方式の金属3Dプリンターの特徴とメリット・デメリットの比較や、金属材料の特性の紹介、使用用途やROI(投資収益率)についてご紹介しています。
金属3Dプリンティングをご自身の設備に導入するための第一歩のお手伝いをするガイドです。

【内容】

  • 金属3Dプリンターを使用するビジネス上の利点と技術的な利点
  • 現在利用可能なプリンターの種類とプリント可能な素材のグループ
  • 金属3Dプリントの4つの主要な用途分野
  • 金属3DプリンターのROI(投資収益率)を計算する方法(財務とプロセス改善の両面)
  • 金属3Dプリンターでビジネスを成功させる3つの方法

高強度複合材料3Dプリンティングと金属3Dプリンティングは、いずれも高い価値を発揮するパーツ製作法です。それぞれが幅広い製造現場に対応できますが、両者が相互に補強し合うことで、スマートなソリューションが実現します。

この資料では、複合材料および金属材料3Dプリンターの相補的なテクノロジーを活用して製造工程の迅速な改善を実現する、いくつかの方法を紹介しています。

【内容】

  • 金属と高強度複合材料 - どちらを使うか
  • 複雑な金属パーツ - 3Dプリントした保持具へのニーズ
  • 複合材料工具に差し込む金属パーツをプリント
  • 治具・工具のニーズに合った最適な材料を使用

多くの製造企業が高強度3Dプリンティングを採用することで大幅なコスト削減と生産性向上を実現しています。

この資料では、製造現場に高強度3Dプリンティング技術を統合する戦略とアプリケーションを紹介し、自社のどこで3Dプリンティングを使えば最も高い効果を発揮するのか判断するための作業の構造と内容を分かりやすく説明します。

【内容】

  • 問題点とコスト要因を明確化
  • ファクトリーアプリケーション
  • MRO対象機器の材料
  • 用途クローズアップ

3Dプリンターは昨今になって注目を集め始めていますが、その中でもメーカーによりさまざまな特色があります。「インダストリー4.0」で提唱されている製造業のデジタル化や、IoT やAI による「スマートファクトリー」が叫ばれる中、他社にはない独自技術を用いることで、優れたアウトプットの実用性、コスト効率性、運用性を実現した3Dプリンター「Markforged」を紹介します。

【内容】

  • 金属加工方法そのものの変革に踏み込んだAdditive Manufacturing技術
  • 独自技術による高強度な樹脂3Dプリントや低コストな金属3Dプリントで製造の幅が広がる
  • 装置を生かす専用ソフトをクラウド提供 さまざまな先進機能も続々リリース予定

Markforged 3Dプリンター ご紹介

Markforged の商品紹介ページ公開中!