Blacksmith

製造を効率化させるAIソフトウェア

3Dプリンタ―による製造の品質を自動で管理

Blacksmithは、3Dプリンタ―で製造された部品の品質管理プロセスを確立し、効率化させます。 そのため、正確で精密な部品を製造でき、より早く市場に参入させることができます。

現在、BlacksmithはMarkforgedの3Dプリンタ―X7でお使いいただけます。X7は、造形中に部品をスキャンする造形時並行検査機能を備えた唯一の工業用グレードのFFF方式3Dプリンターです。

Blacksmithは、MarkforgedのスライシングソフトウェアであるEigerから利用できるサブスクリプション機能です。造形された部品の寸法をスキャンして精度を測定し、設計ファイルと比較します。これにより、造形後すぐに正確で信頼できる部品を手にすることができます。

Blacksmith概要

  • プリント時点で検証済みの部品を入手

3Dプリンターで造形した時から検証済みの部品を手にすることができます。Blacksmithを使えば、造形された部品の品質レポートを生成し、比較、自動保存が可能です。

  • アクセス可能な統合されたワークフロー

クリック1回で、部品検査を3Dプリンターによる製造のワークフローに統合できます。 特別なトレーニングや複雑な検査機器は必要ありません。

  • 世界中で使える適合性

世界中にあるグループ全体でも一貫性のある予測可能な部品を造形できます。部品のばらつきを心配する必要はありません。

  • 管理された品質プロセス

3Dプリンタ―で製造された部品を測定するための標準化されたプロセスを確立します。

  • 3Dプリンティングの応用の拡大

部品の品質への信頼を高めながら、業務上不可欠な部品を従来の製造から3Dプリンターによる製造に移行できます。

Blacksmithプロセス

機器のキャリブレーション

各プリンターがBlacksmithに必要な高水準で稼働していることを確認するため、一連の自動キャリブレーション手順を完了します。

部品のプリント&スキャン

Blacksmithは、X7に搭載されている統合レーザーマイクロメーターと特許取得済みのインテリジェント・スキャン・プロセスのパワーを利用して、造形時に部品を安全に測定します。

スキャンデータとSTLデータの比較

Blacksmithは造形中に測定データを収集し、Eigerで確認するために点群を組み立てます。 この点群は自動的に登録され、比較のために入力STLにオーバーレイされます。

データのレポート

部品の形状全体の偏差を表示し、許容限界を設定して部品の品質を評価します。プリントレポートはEigerに保存され、いつでも参照できます。

Blacksmithデモ動画

Industrial Series X7

製造業向けの複合材料3Dプリンター
実践的な最終製品の造形が行えます。

造形サイズ(幅 x 奥行 x 高さ)

330 x 270 x 200 mm


積層ピッチ

デフォルト 100 μm、最小 50 μm、最大 250 μm


対応材料

Onyx、Onyx FR、Onyx ESD、Nylon White

炭素繊維、ガラス繊維、
Kevlar®、HSHTガラス繊維


お問い合わせ

Please validate your form with reCAPTCHA.
Thank you!

BlacksmithやX7のお見積り、デモンストレーション等をご希望の方は、お気軽にお問い合わせください。

DDDJapan.comをどこでお知りになりましたか?

送信完了。
ご回答ありがとうございました。
担当の者から折り返しご連絡差し上げます。

チェックを入れてください。
ご協力ありがとうございます。