Skiers get taken out hard while
standing on jump landing
OUCH!
text
Let's
talk
about

FREE SHIPPING & RETURN

Free shipping on all orders over $99.

MONEY BACK GUARANTEE

100% money back guarantee.

ONLINE SUPPORT 24/7

Lorem ipsum dolor sit amet.

Featured Products

Special Products

Customer Support

We really care about you and your website as much as you do. Purchasing Porto or any other theme from us you get 100% free support.

Fully Customizable

With Porto you can customize the layout, colors and styles within only a few minutes. Start creating an amazing website right now!

Powerful Admin

Porto has very powerful admin features to help customer to build their own shop in minutes without any special skills in web development.

Featured Brands

From The Blog

ワンファブフェス2017 報告

2日間開催されたワンファブフェス。やはり一番白熱したのはファブレース!! 予選から勝ち残ったユニークなマシンたちが優勝を競い合いました。 それぞれファンが付いているような個性的なマシンもあり、脱線時には絶叫することも。 今回はトライナスを5台並べ、子供たちがデザインした車をその場で3Dプリントするお手伝いをするとともに、カルFAB部門での優勝者様へのトライナス3Dプリンター贈呈をしてきました。 小さな3Dプリンターですが、複数並んで造形している様子は目を引きますね。 子供たちとも交流ができ、とても楽しいイベントとなりました。 “FAB RACERS ACADEYでのアイデアインプットの様子” Enjoy big discounts for Links of London with these vouchers. Powered by flickr embed. read more

山梨県立図書館での子供向け3Dプリントワークショップ 報告

2017年8月21日の山梨日日新聞に3Dプリントワークショップのことが掲載されました。 チョコペンを使って自分自身が3Dプリンターになってみることからはじめることで、素材を温めて柔らかくなったチョコをお皿の上に層を重ねながら立体を作っていくという3Dプリントの根本的仕組みを楽しく(おいしく)理解することができたのではないかと思います。 子供たちの将来に欠かせない3Dプリント技術。自分の描いた絵が立体になって手元に残る興奮を忘れずに、夏休みの楽しい経験としてずっと覚えていてくれますように。 View all The White Company promotions Powered by flickr embed. read more

「3Dプリント特区」イベント 3D造形技術による金属成形ワークショップ

従来の金属3Dプリントはブラケット1つをステンレスで製作するにしても20万円ほど費用が掛かった上に金属の密度も多孔質が目立ち中々実際の製造現場では活用するこが難しかったのが現状です。 米国Markforged社のADAM方式をはじめとし、ここ数カ月で複数の3Dプリントメーカーが金属3Dプリント市場の現状を大きく変えるような技術を発表しています。 中でも金属粉末射出成形法と3Dプリント技術を組み合わせた金属プリント技法では、これまで問題視されてきた粉末素材を扱う上での安全性と成果物の素材密度の両方を完全にクリアするだけでなく、造形速度や素材交換時の扱いやすさでも大幅に向上しています。 “Markforged社製 Metal X” 上記の安全性、性能、成果物の仕上がりが向上してもイニシャルとランニングコストが従来と同じままでは敷居の高さは変わらないでしょう。 しかし、これらの新しい金属3Dプリント技術が新世代型と言われるのには理由があります。 設備導入にかかるコストも、ランニングコスト(製造プロセスにかかる時間=人件費を含む)も従来の10分の1で活用することができるのです。 これまで大規模な航空宇宙産業や自動車産業でしか導入後の投資対効果を見込むことができなかった技術が、一般の中小企業でもうまく活用することで導入初月から高い投資対効果を享受することができるようになります。 “前回の3Dプリント特区イベントの様子” <第一部> 新世代金属3Dプリント技術の概要について <第二部> 活用が予想されるアプリケーションと、従来の技術とのコスト比較、さらには投資対効果の見込みについて <第三部> 交流会 サンプルの展示 質疑応答 “生体適合性のあるチタン合金での造形” 隔週土曜日に東京都内にてミートアップグループを開催しております。 2017年8月21日現在のメンバー数:1097人 3Dプリントについて毎回テーマを設けて10名~20名程で話をします。 初心者から上級者まで3Dプリントに興味のある方なら誰でも大歓迎です。 いろいろな国・職業の方が集まる機会なので、新しい情報を手に入る絶好のチャンスです! 事前にご連絡をくだされば、ミートアップが始まる前に個別でデモや相談を承りますのでお気軽にお問い合わせください。 Meetup公式掲示板:http://www.meetup.com/ja/3D-Printing-Tokyo-Learn-Talk-Share/ facebookページ:https://www.facebook.com/3dprinttokku/ “射出成形金型の製作例” 日にち:2017年9月1日 時間:19:00-21:00 途中参加退席可能 場所:Fabcafe渋谷 1F 開催場所住所:東京都渋谷区 道玄坂 1-22-7道玄坂ピア1F Website: https://fabcafe.com/tokyo/ 参加費:無料(事前登録でドリンクが1杯無料になります) 参加人数:30人まで 問い合わせ先:株式会社3D Printing Corporation 3Dプリント特区事務局 055-207-3664 info@3dpc.co.jp Facebookでのイベント告知:https://www.facebook.com/events/1689386854436908 参加申し込み “ブレーキハンドルの内部構造による軽量化の例” read more

ロフトワーク主催ワンファブフェスにスポンサーとして出展します

ワンファブ・フェス(WONFAB FES)はFabCafeが主催するFAB RACERS CUPと、Wonder2が主催するWONDER DRIVING FESを合わせた共催イベントです。 大人と子供が一緒に楽しめるモノづくりを中心に、メインのミニカーの製作発表をはじめとしてロボットアームやドドローン、鋳造体験、射出成型体験などのワークショップが同時開催され、IoTやロボティクス、プログラム、デザインなどを体験出来ます。 入場無料で各ワークショップへは参加費がかかります。 詳しくはワンファブフェス公式ページをご確認ください https://wonfabfes.com メインイベントであるファブレーサーの公式ページはこちら ミニカーのデザインと製作を体験できます https://fabracers.com 企画を行っているFabcafeの公式ページ(ロフトワーク運営) https://fabcafe.com/tokyo/ “メインイベントのFAB RACERS CUP” 会場にて3Dプリンターを展示デモンストレーションしています。入場無料ですので是非会いに来てください! イベントスポンサーとしてファブレーサーカップ2017 カルFAB部門 優勝者にKodama Trinusを一台贈呈いたします。 <展示内容> Kodama Trinus 3Dプリンター 5台 3Dプリントの仕組みについて見学に来ていただいた方に説明とデモンストレーションをします。 <大会の概要> https://fabracers.com/portfolio/fab-racers-cup-2017/ “ワークショップでのトライナス” 日にち: 2017年8月26日~8月27日 時間: 両日11:00~18:00 場所:Yahoo! LODGE 〒102-0094 東京都千代田区紀尾井町1-3 東京ガーデンテラス17F 入場方法: ビルの2Fに総合受付の右側にあるエレベーターで直接18Fまでお上がりください。18Fにワンファブ・フェスイベント受付がありますので、そちらで受付を行ってください。 入場事前予約とワークショップのチケット購入: http://wonfabfes2017.peatix.com/ https://peatix.com/sales/event/287294/tickets (チケット一覧) “ピットクルー体験などのワークショップもあります” read more

山梨県立図書館にて子供向け3Dプリントワークショップを開催

ものづくり業界の必須ツールとして発展していくことが見込まれる3Dプリント技術。アメリカでは既にほとんどの小中高学に授業やクラブ活動の一環として3Dプリンターが導入されているのに対し、日本では学校を含め実際に間近で見て体験する機会が非常に少ないのが現状です。 8月20日に山梨県立図書館にて開催するワークショップでは、特別講師である東京工業大学の轟教授と一緒に、デザインを考え3Dデータを製作し、実際に3Dプリンターで造形を行うことができます。 今後の進路を考えている中高生にとっても、3Dプリント技術の研究や仕事に携わる人と話ができる貴重な機会となるのではないかと思います。 “これまでに開催した子供向け3Dプリントワークショップの様子” <見る> 3Dプリンターを間近で見れます! <考える> 最先端の技術について、研究や仕事をしている人に話が聞けます! 3Dプリンターはどんな目的で使われているのだろう? <理解する> 自分で3Dデータを作成することで、3Dプリント技術の基本を体験しながら学ぶことができます。 “難しく敷居が高いと思われがちなCADや3Dデータも、固定概念のない子供たちに基本的な仕組みやコンセプトを説明すると驚くほど理解が早いことも多い。” 開催日 2017年8月20日 時間 第一回 13:00~14:30(印刷が終わるまで) 第二回 15:30~17:00(印刷が終わるまで) 時間の都合で印刷が終わる前に帰ってしまう場合も後日お渡しできます。 場所 山梨県立図書館 1階 交流ルーム101 住所 400-0024 甲府市北口2丁目8番1号 参加費 無料 対象年齢 10歳以上(高校生、大学生可) 同伴者がいれば10歳未満のお子さんも参加できます! 持ち物 筆記用具 <問い合わせ先> 株式会社3D Printing Corporation 広報担当 デヴォア愛子 連絡先 090-7222-6241 または 055-207-3664 メールアドレス aiko@3dpc.co.jp 住所 〒400-0034 山梨県甲府市宝1-11-23 2階 “ワークショップのお知らせ” read more

Markforged社が3DプリンターX3, X5, X7を発表

 炭素繊維の複合材料は3Dプリント市場を語る上で欠かせない項目となっている。特にカスタマイズ治具やツーリング、実用パーツの製造などの用途ではケーススタディを読むと驚くべき効率性をユーザーに提供していることが分かる。コンポジット造形の有用性が周知となるにつれ市場サイズも年々大きくなっており、積層方式、ラミネーション方式と複数の3Dプリンターメーカーが参戦しつつある。  連続した炭素繊維が使用できる3Dプリンターメーカーとして2014年以降不動の地位を築いたMarkforged社(アメリカ)は、市場の需要に合わせ根本的なマシン改良だけでなく、異るサイズや素材に合わせたマシンを価格別に展開している。  これまで同社の3Dプリンターでは30cmを超える造形が可能だったのはMark Xのみだったが、今回Mark XをX7を改名し新たなラインアップとしてX3とX5の販売を開始した。Markforged社によると同社のコンポジット造形部門の売上は前年比の3倍に伸びているとのこと。フルスペックのX7(旧Mark X)からマシンを機能別に分化することで、長繊維特殊繊維を使用する必要のない潜在顧客がより気軽に予算と用途に最適な3Dプリンターを選ぶことが可能になっている。 “従来のMark X3DプリンターはX7と改名” 30cm超えの炭素繊維造形で需要別にスペック展開  具体的にはX3では短繊維炭素繊維ポリマーのみが使用可能、X5では短繊維炭素繊維ポリマーとファイバーグラス特殊繊維が使用可能、そしてX7(旧Mark X)では短繊維炭素繊維ポリマーと同社の提供する全ての特殊繊維素材(連続炭素繊維を含む)が使用可能となっている。  X3、X5、X7は全て同一のシャーシで製造されており、X3とX5はそれぞれ後からX7にアップグレードが可能。それぞれZ軸の積層は50μから設定が可能。  Markforges社製の3Dプリンターは全て同一のソフトウェアを使用するだけでなく同一のアカウントに結ぶことも可能となっているため、3Dプリントにおける大量生産方式である3Dプリントファームを実現することが極めて容易になっている。  今回のスペック展開によりMarkforged社はビジネス向け3Dプリンターとして数十万円から1000万円以下の価格帯全てに商品幅に広げることとなり、より多くのビジネスユーザー獲得を目指している。 “オニックス素材による造形”  合わせて、Markforged社のオリジナル商品であるオニックス素材は8月9日に発表された2017年度TCTアワード(TCT Technology Innovation Materials Award 2017)にノミネートされており、強度、耐薬品性、耐熱性、耐摩耗性に優れた短繊維の炭素繊維とナイロンを組み合わせた強化プラスチックとして注目されている。 “ナイロンの性質と炭素繊維の性質を持ち合わせた素材” read more

ウェブサイトメンテナンスのお知らせ

2017年8月2日 18時~20時まで ウェブサイトメンテナンスの為オフラインになります 皆様へより気持ちの良い、サクサクと動くブラウジング体験をお届けするため、ウェブサイトのメンテナンスをいたします。 大変ご不便をおかけいたしますが、8月2日 18時~20時までDDDJapan.comウェブサイトがオフラインとなりますのでご了承くださいませ。 どうぞよろしくお願いいたします。 “ロードが遅いとページを見る気も半減” read more

東工大主催! 轟教授によるセミナー「複合材料が拓く未来 ~ロボットから航空宇宙まで~」

東京工業大学にて 轟教授が 3Dプリント技術による複合材料成形について 無料セミナーを開催します 3D Printing Corporationのアプリケーションエンジニアも講師として参加し、コンポジットとは何かといった基本から、3Dプリント技術と組み合わせることによって開拓が可能となる分野やアプリケーションについて話を致します。 “オープンキャンパスと同時開催の一般公開セミナー” 開催日 2017年8月10日 第一回 10:30~12:00 第二回 15:00~16:30 開催場所 東京工業大学 石川台1号館2階 I121講義室 事前申し込みにて一般参加可能(8月1日時点で残り15席) <申し込み先> 株式会社3D Printing Corporation 3Dプリント特区事業部 info@3dpc.co.jp 055-207-3664 <東京工業大学公式ページ> (タイムテーブル内 第4類 03番) http://admissions.titech.ac.jp/admission/event/open_campus/timetable.html “今まで実現が不可能だった仕組みを可能にする” read more

Check Our Video

コメントを残す