News

RSS
Markforged社3Dプリンター材料「Onyx」をリサイクル【3devo事例】

Markforged社3Dプリンター材料「Onyx」をリサイクル【3devo事例】

今日、多くの企業がSDGs達成に向けてサステナブルな製造を目指しており、廃プラスチックのリサイクルも推進されています。 中でも3Dプリンターによる製造はもともと廃材が少なくコスト面でもメリットがありますが、不要になった3Dプリント品や失敗したパーツから再度フィラメントを作製するリサイクルが可能で、サステナブル製造として注目が高まっています。 今回は、3devo社のリサイクル装置「SHR3D IT」と「フィラメント・エクストルーダー」を使用して、炭素繊維材料3Dプリンターで人気のMarkforged社の材料「Onyx」で造形したパーツのリサイクル事例をご紹介いたします。   ※本記事では、一部の詳細を割愛させていただいております。詳細を記載した完全版資料をご希望の方は、本ページの下部のフォームから無料ダウンロードしていただけます。   3devoを使用したMarkforged社材料「ONYX」のリサイクル カーボンファイバー強化素材のシュレッディング、押出しのレポートならびに手引き 3devo社で行われた、Markforged社の材料「ONYX」で製作された3Dプリント廃棄物のシュレッディング(粉砕)とフィラメント作製(押出し)の調査レポートをご紹介いたします。本レポートでは、素材を「ONYX」と記載します。   目次 レポートの前書きと背景 シュレッディング 準備と前処理 押出し(1): 開始と最初の観察 押出し(2): 調整手順 押出し(3):スプール作り 結論と提言   ONYX の要点 黒色で不透明、滑らかな表面仕上げ ナイロンと刻んだ炭素繊維を含む配合 高強度(曲げ強度含む)で優れた耐久性を持つ、構造用途向けの高性能素材 連続炭素繊維強化材と合わせて3Dプリントすると、アルミニウムと同等の強度を実現 かなり高い耐熱性(通常の処理温度は285℃)   1.レポートの前書きと背景 本レポートは、3devo社の試験ラボで行われた、ONYX製3Dプリント廃棄物の「シュレッディング」と「押出し」のプロセスを紹介するものです。最適な設定、最高の品質をもたらした実験過程について説明します。 試験の目的は、様々な形状のONYX製3Dプリント品を1.75 mmフィラメントへとリサイクルすることです。図1は、段ボール箱に入った元の3Dプリント品の写真です。 第2章では、押出しの前に行われたシュレッディングについて説明します。第3章〜6章では、押出し試験自体に関連した、主な実験手順を詳しく説明します。なお、手順は一連の調整によって成り立っています。また、重要な点は、押出し試験を2 mmノズルを取り付けたフィラメント・エクストルーダー(Precision)装置で行った点です。第7章ではONYXのリサイクル性についての包括的な結論を述べ、レポート全体を要約します。   図1 - ONYX製3Dプリント品...

記事を読む