TPE(熱可塑性エラストマー)の特徴とは?そしてTPEが使えるSLS方式3Dプリンターは?

TPE(熱可塑性エラストマー)の特徴とは?そしてTPEが使えるSLS方式3Dプリンターは?

粉末焼結積層造形(Selective Laser Sintering、SLS)方式とは、粉末状の材料にレーザーを当て、一層ずつ焼き固めて造形していく3Dプリンティング技術です。複雑な形状の造形物や、高精細で耐久性のある造形物の製作に向いています。

SLS方式3Dプリンターでは、ポリアミドのPA6、PA11、PA12といった材料を使用して、強度のあるナイロンの造形物を作製するのが一般的です。

ポリアミドのようなナイロンが最適な造形物もありますが、もっと弾性のある造形物を造りたいこともありますよね。

 

弾性のある材料を使用できるSLS方式3Dプリンターを提供しているのが、ポーランドの3DプリンターメーカーSinterit(シンタリット)です。

 

TPE(熱可塑性エラストマー)

 Sinteritのプリンター「Lisa Pro(リサプロ)」は、工業向けのスペックを持ちながらも、SLS方式3Dプリンターとしては低価格であり注目されています。

Sinterit Lisa Pro

Lisa Proの魅力は価格だけではなく、幅広い種類の材料に対応しているところにもあります。

その材料のうちのひとつがTPE(熱可塑性エラストマー)です。

TPEは、プラスチックのような素材感でありながら、ゴムのような弾性を持っています。 応力が生じた場合にゴムのように伸びることができ、応力から解放されれば元の形に戻ることができるため、TPEでできた造形物の寿命は長くなります。

TPEの特徴

  • 弾力性
  • 耐久性 
  • 高密度

 

Sinterit TPE

(画像:Sinterit)

 

柔軟な材料にTPU(熱可塑性ポリウレタン)がありますが、TPEはTPUとは異なり、造形物の表面はゴムのような質感があります。TPEは優れた熱特性および安定性を持っているため、過酷な環境にも耐えることできます。

  • 融点 190℃
  • ショアA硬度 90

 また、高密度で耐油性にも優れている上に、皮膚に接触しても安全です。

 

これらの特性から、TPEは機械的な造形物にも使えますし、他にも幅広い用途に使用できます。例えば、衝撃を吸収するので、物を守るためのカバーに使用したり、柔らかい特徴を活かして服などのファッションに使用したり、など。

Sinterit

ロンドンのロイヤル・カレッジ・オブ・アートのファッションプロジェクトにSinteritが使用された例(画像:Sinterit)

 

 

TPEは耐水性がありますが、完全に防水はできず、また密度は高いですが、多孔質です。

そのため、TPEを使用した造形物を長時間、水に接触するような使い方をする場合には、液剤「Sealer」を使用することで造形物をコーティングし水に強くすることができます。

Sinterit TPE Sealer

TPEコーティングなし(左)、TPEコーティングあり(右)(画像:Sinterit)

 

 

 TPEを使用した造形物の弾性や特徴を映像でもご覧いただけます(英語)。

 

 

Sinteritの3Dプリンターなら、TPEも使用出来て、造形できる物の幅が広がりますね。

Lisa Proのお見積りや運用に関するコンサルティングは、お気軽にSinteritの日本代理店DDDJapan.comまでお問い合わせください

 

 

 出典元:

 https://www.sinterit.com/

https://www.fabbaloo.com/blog/2019/6/6/tpu-elastomers-from-powder

次の記事 3Dプリンターが乳がん再発防止に役立つ―BCN3Dとジローナ大学が3DPI Awardsで受賞
前の記事 自動車修理工具をプロトタイプから最終部品まで3Dプリンターで社内製造【B9Creations】

コメントを書く

コメントは管理者の承認後表示されます。

* 必須項目です