新しくなったSinteritのソフトウェアで、SLS方式3Dプリンターがより使いやすくなりました

新しくなったSinteritのソフトウェアで、SLS方式3Dプリンターがより使いやすくなりました

手の届く価格のSLS方式3Dプリンター「Lisa Pro」のメーカーSinteritは、自社3Dプリンターのソフトウェア「Sinterit Studio」をアップデートし、より精密な3Dプリントを可能にしました。

 

向上したプリント精度

新しいバージョンのソフトウェア「Sinterit Studio」では、Sinteritの粉末材料Flexa(TPU材料)とPA11 Onyxの精度が0.100mmまで実現します。

 

ライブストリーミングでプリント状況を把握

プリンターのカメラからWiFi経由でプリント状況のライブストリーミングが可能に。

プリント状況を把握できるため、もしミスが起きた場合でもすぐに対応でき、材料や時間の無駄を省くことができます。

 

改良されたインターフェース

プリンタースクリーンに表示されるガイドがより分かりやすくなりました。

ステップごとにやることが明確に表示されるため、作業をスムーズに行え、ステップを飛ばしてしまうということはありません。

 

最適化されたスライシングでスムーズに

アップデートされたSinterit Studioでは、スライシングが最適化され、より処理時間が早く、RAMの使用量も少なくなりました。

 

Sinteritは、Sinterit Studioがリリースされてから5年もの間、お客様の声を大切にしながら改良を続けてきました。

アップデートされたSinterit Studioソフトウェアで、あなたのLisa Proプリンターでのエクスペリエンスがより良いものになります!

 

Sinteritの3Dプリンターに興味がありますか?DDDJapan.comまでお気軽にお問い合わせください

次の記事 Markforged「Metal X」の特設ページを開設しました
前の記事 Sinteritの3Dプリンターでポンプ・ローターのプロトタイプ作製

コメントを書く

コメントは管理者の承認後表示されます。

* 必須項目です