Lisa Pro―Sinteritによる工業グレード卓上型SLS方式3Dプリンター

Lisa Pro―Sinteritによる工業グレード卓上型SLS方式3Dプリンター

ポーランドの3DプリンターメーカーSinteritは、使いやすく優れた機能のSLS(粉末焼結積層造形)方式3Dプリンターを手の届く価格で提供することに力を入れています。

Sinteritの最新3Dプリンター「Lisa Pro」は、前バージョンのLisaに比べてプリント容積が大きくなり、窒素チャンバーが内蔵されて様々な材料が使用できるようになりました。

そのLisa Proを私たちDDDJapan.comが販売開始いたします。

 

Sinterit Lisa pro

窒素チャンバー&大きなプリント容積

Lisa Proは、工業用グレードの機能を持ち合わせながらも、デスクトップサイズで非常にお手頃価格です。

最初のバージョンの3Dプリンター「Lisa」では使用できる材料は数種類でしたが、ビルトインの窒素チャンバーが加えられたことで、工業用も含めたより多くの材料を使用できるようになりました。材料に制限されずに、様々な用途のパーツの造形ができます。

また、本体が卓上サイズにも関わらず、前バージョンのLisaよりも大きな造形が可能になり、造形サイズは最大110 x 160 x 250 mm、対角線上にして最大316mmです。

豊富な材料が使用可能

お客様の声に応え、Sinteritは使用できる材料を増やしました。

PA12 Smooth、PA11 Onyx、Flexa Grey、Flexa Black、Flexa Soft、Flexa Bright、TPEの材料を使用することができ、用途に合わせた材料をフレキシブルに選ぶことができます。また、サードパーティの材料でも使用できるものもあります。

(※ソフトウェアのバージョンにより使用できる材料が異なる場合があります。)

 

ユーザーフレンドリーのソフトウェア

ハードウェア面での機能ももちろん重要ですが、ソフトウェアも同じ程に大切です。

以前のバージョンに比べてオートメーションに優れ、よりユーザーフレンドリーになりました。3Dモデルの作成や、ビルド面における調整、デザインのチェックやプリントステータスの確認も簡単にできます。

 

デスクトップサイズでお手頃価格のため導入しやすい上に、工業用グレードの機能を持ち合わせたLisa Proは、オフィスや大学から製造工場まで、様々な環境にもお使いいただけるSLS方式3Dプリンターです。

Lisa Proのご購入・お見積りはこちら

 

 

スペック

基本情報
造形方式 粉末焼結(SLS)
使用レーザー 赤外線LED 5W(λ =808 nm)
本体サイズ、重量 690 x 500 x 880 mm、90 kg

プリントサイズ
対角線上 316 mm(材料によって異なる)
材料 PA 90 x 130 x 230 mm
材料 FLEXA / TPE 110 x 150 x 250 mm

プリンターパラメーター
プリントベッドサイズ 150 x 200 x 260 mm
XY精度 0,05 mm~
積層ピッチ Z 0,075 ~ 0,175 mm
最小造形サイズ 最小肉厚:0,4mm、最小ディテール:0,1mm、
最小穴径:0,5mm、動くパーツ箇所のゆとり:0,2mm

その他情報
チャンバー内最高温度 200°C
入力電源 AC 220-240V, 7A または AC100-130V, 15A
データ接続方法 Wifi、USB
ソフトウェア Sinterit Studio 2019 Open
データ入力形式 STL, OBJ, 3DS, FBX, DAE, 3MF
対応OS Microsoft Windows(Windows 7以降)

 

※製品情報は変更になる場合があります。

次の記事 B9Creationsから新エンジニアリング材料―Rugged Nylon 6発売!
前の記事 【2/28開催予告】3D Printing特区「未来への投資に、なぜ3Dプリントを選ぶのか」

コメントを書く

コメントは管理者の承認後表示されます。

* 必須項目です