Formlabs「Form 3L」のご注文受付中!【先行予約キャンペーンあり】

Formlabs「Form 3L」のご注文受付中!【先行予約キャンペーンあり】

人気の3DプリンターメーカーFormlabsより、Form 3の5倍の造形サイズを持つ「Form 3L」が日本国内の展開が始まりました。

DDDJapan.comでは早速ご予約を受け付けております!

また、先行予約キャンペーンとして、ご予約いただいたお客様に、

スタンダードレジン1本をプレゼントいたします!

 

Formlabs Form 3L 

 

Formlabs『Form 3L』

「Form 3」の5倍の造形サイズ& LFS™技術で微細さと優れたコストパフォーマンスを実現!

 

Form 3Lに用いられている中核技術「Low Force Stereolithography(LFS)™ 」は、光造形(SLA)⽅式へのまったく新しいアプローチで、レーザーとミラーを包含した Light Processing Unit(LPU)を使⽤し、造形の微細さと速度を両⽴しながら液体樹脂を等⽅性を持つパーツに硬化させます。Form 3L は、LPUを2基同時に使⽤することで、LPU1基のForm 3 に⽐べて5倍⼤きいパーツ(幅 335×奥⾏ 200×⾼さ 300mm)を⾼速に3Dプリントすることが可能です。

 

<LFS™による3Dプリントの特徴>

  • 完璧なプリント︓モジュール式コンポーネントの LPU は、正確で⾼密度のレーザースポットを実現し、正確で再現性のあるプリントを実現。
  • 滑らかなパーツ表面:容易に除去可能なサポートのタッチポイントが、パーツ表⾯をより滑らかに。
  • ⼀貫したパフォーマンス︓20 以上搭載されたセンサーが、⻑期にわたって安定したパフォーマンスを維持するための理想的な条件を監視および維持。
  • 稼働時間の向上:アップグレード可能なモジュール式コンポーネントと失敗しにくい設計により、より向上した稼働時間を実現。

 

Formlabs Form 3L 

 

<Form 3L 仕様 基本情報>

造形方式 Low Force Stereolithography(LFS)™
本体サイズ 775×520×735 mm
本体重量 54.4 kg
最大造形サイズ 335×200×300 mm
XY解像度 25 μm
積層ピッチ 25, 50, 100, 300 μm
レジンカートリッジ搭載数 2
レーザスポットサイズ 85 μm
レーザ出力 250 mW × 2

 ※仕様などは変更になる場合があります。

※2020年10月~12月頃からメーカーより順次、国内へ出荷開始予定です。

 

 

<先行予約キャンペーン>

当社より、Form 3Lをご予約いただいたお客様に特典としてスタンダードレジン1本をプレゼントいたします!

 

【ご予約・お見積り・お問合せはお気軽にDDDJapan.comへご連絡ください。】 

 

次の記事 【無料ダウンロ―ド】3Dプリンティングのトレンド報告書/金属3Dプリンターガイド
前の記事 新世代3DCADソフト「nTopology」でシボ加工が数分で可能に!