FORM1+ 光造形の標準機として、ついにショールームに登場しました。

純正のレジンと、MadeSolidのレジンを比較していきたいと思います。

宝飾関係でも大きな期待をされていますので、山梨県の地場産業に貢献していきたいと思います。

FDMプリンタでは不可能だった、超精密モデルを作成してみました。

SLAプリンタの実力をチェックするために Make: Rook – 2015 3D Printer Shoot Out Test Models を作りました。積層0.025mm 時間は2時間でした。

階段、螺旋、さらに最上部の文字が確認できます。微小なモデルを作るのにはSLAプリンタは向いています。

FDMプリンタは多様な材料と、部品などの作製には向いています。

madesolid-white-resin-1

 

 

madesolid-white-resin-2

 

指輪の台座を作成してみました。細かい穴まで再現できています。

MadeSolidのレジンはFORM1純正のレジンより価格や性能の面で優れています。

Vorex Resin Orange

Vorex Resin Black

V2 MS Resin Black

CastSolid Resin

The post FORM1+ 光造形の標準機として、ついにショールームに登場しました。 appeared first on 3dプリンター ・ 3dプリンター 素材 ・ オンラインショップ.


お問い合わせフォーム
※クリックでフォームが表示されます。お問い合わせはこちらから。
※この項目は必須です。
※この項目は必須です。
※この項目は必須です。
※この項目は必須です。

詳細をご記入いただけますと、より適切なご案内が可能です。
他の商品と併せたお見積りのご希望や、オプションが複数ある商品の場合は、その旨ご記入ください。

※この項目は必須です。
チェックを入れてください
ご記入ありがとうございました。
担当の者が追って連絡いたします。
次の記事 Metal X用 H13 (SKD61) 工具鋼フィラメントをリリース!