科学機器のエンドユース・パーツを3Dプリントで製造【Markforged】

科学機器のエンドユース・パーツを3Dプリントで製造【Markforged】

アメリカ・カリフォルニアのNeurophotometricsは、Markforgedの複合材料3Dプリンター7台を用いて、科学機器のエンドユース・パーツ(最終製品に使用するパーツ)を3Dプリントして製造しています。

 

Markforged

(画像:Markforged)

 

課題

アメリカ・カリフォルニアのNeurophotometricsは、光学機器を使用して、自由に動き回る動物の脳活動を記録する科学機器を設計しました。Neurophotometricsの創設者でCEOであるSage Aronson氏は、設計したこの機器をカスタマイズ可能なものにし、世界中で活躍する科学者に利用してもらいたいと考えていました。

しかし、科学機器の業界は参入するには高額な業界です。科学機器の製造等が高額であり、また、新しい技術が生まれることで機器が古くなる可能性があります。そのため、Aronson氏の描く機器の実現は、従来の製造方法では容易ではありません。

「私たちの長期目標は、科学機器業界を崩壊させることです」とAronson氏は言います。

 

Markforged
(画像:Markforged)

 

 

ソリューション

Aronson氏は、設計したこの機器を経済的に製造できる唯一の方法は、3Dプリンターであることに気が付きました。友人からアメリカの3DプリンターメーカーのMarkforgedについて知り、パーツのベンチマーク作製を依頼したところ、Markforgedの材料の強度がこの科学機器に使用するのに十分な強度であることが分かりました。そして、Aronson氏は、Markforgedのデスクトップ型の複合材料3Dプリンターを購入。最終的には、需要に応えるためにさらに3Dプリンター6台を追加購入し、科学機器の完成品に使用する構成部品を3Dプリントしています。

3Dプリンターで製造していなければ、Neurophotometricsのビジネスを始めることもできなかったであろうとAronson氏は言います。Markforgedの3Dプリンターでは精密で正確な部品を作ることができるため、高価で繊細な光学機器を傷つけることはありません。

 

Markforged

(画像:Markforged)

 

Neurophotometricsの科学機器に使われる部品のうち17個が3Dプリンターで製作されています。その中でも最も重要で大きな部品はハウジング(光学機器を押さえる単一のパーツ)で、これは3Dプリンターで2日で製作され、材料費としては50ドル強と、短時間で低コストに製造されています。

また、Neurophotometricsで3Dプリントされるものの約90%はこの科学機器のエンドユース・パーツです。3Dプリンターでの本格的な製造が行われており、使用も長時間にわたりますが、問題なく稼働していると言います。

 

現在では、Neurophotometricsの機器は10か国に発送され、世界中の企業で取り扱われています。Aronson氏は、需要に応えるためMarkforgedの3Dプリンターを追加購入して製造を拡大していくことを考えているそうです。今後も3Dプリンターが彼のビジネスの中心的役割を果たしていくことでしょう。

  

 

3Dプリンターのお見積りや運用に関するご相談を承っております。Markforgedの日本正規代理店であるDDDJapan.comまでお気軽にお問い合わせください

 

出典元:https://markforged.com/case-studies/neurophotometrics-microscope/

前の記事 3Dプリンターによるオーダーメイドのヘルメットでアスリートを守る【BCN3D Technologies】

コメントを書く

コメントは管理者の承認後表示されます。

* 必須項目です