B9Creations、ソフトウェアの新機能「Surface Finish」と「Queue」を発表!

B9Creations、ソフトウェアの新機能「Surface Finish」と「Queue」を発表!

B9Create Surface Finish Queue

新機能Surface FinishとQueue!

2018年11月6日に、B9Creations社は、B9Createソフトウェアの新機能のSurface FinishとQueueを発表しました!

 

3Dプリントする上で、気になることの一つが造形物の表面の仕上がりです。

私たちも、表面の滑らかさが重視される造形をする場合、その表面の粗さが気になって残念に思うことが時折あります。表面が粗いと造形後の後処理にも時間がかかってしまうので、効率が悪いですよね。

さらに、大量にプリントしなければいけない場合、どのモデルをどういう順番で、いつプリントするのか・・・などなど、管理するのも一苦労です。

 

そのようなお客様の声をもとに、B9Creationsは、3Dプリンティングのワークフローの効率性を上げ、さらに造形物の表面仕上げを最適化できるよう、 B9 Core Seriesユーザーのために、B9Createソフトウェアに新機能のSurface FinishとQueueを追加しました!

 

Surface Finishとは?

B9Create Surface Finish

B9 Core Seriesの3Dプリンターが使用しているデジタル・ライト・プロセッシング方式(DLP)は、ステレオリソグラフィー方式(SLA)に比べて、より早く、より高解像度で造形できます。

DLP方式では、高精細ライトエンジンで一度にひとつのレイヤーを形成することができる上、XY軸の解像度がなんと30ミクロンと、人間の髪の太さの1/3程です。このため、細かなディテールの造形が可能となります。しかし、その分、造形物に積層痕も見られます。

そこで、新しく追加されたSurface Finishの機能は、この積層痕を減らし、造形物の表面をより滑らかにできるようにしました。さらに、表面がきれいなおかげで、プリント後の後処理の時間が削減できてしまいます!

まさにSurface Finishは、早く、高解像度でプリントできるので、マスター型やジュエリー用の造形など、表面の滑らかさが重視される造形にピッタリなんです。

 

Queueの機能とは?

B9Createソフトウェアの新機能「Queue」は、プリントの大量生産を可能にします。造形モデルの数やプリンターの数、チームの人数は関係ありません。

Queueは、プリントのためのスケジュールやプロセスの管理作業と、実際のプリンティング作業の分離を可能にするので、店舗マネージャーとプリンティングの技術者は、それぞれ自分のワークフローを優先できるようになります。

B9 Core Seriesの無料ソフトウェア、B9Createは、そのスピードと使いやすさから、皆さまの3Dプリントのワークフローを最適化してくれます。

Queueでできること:

・ファイルをプリンターに一括アップロード

・モデル、素材、解像度の選択

・Queue内でファイルを直接スライス

・ワンクリックでモデルの並べ替え、削除が可能

・プリンター上でQueueをリアルタイムアップデート

・プリントのリストを順番通りのままでロック保存

・Queueの時間予測

・プリンター上で再プリント、または次のプリントの選択の操作が可能

 

これらの機能を搭載したQueueにより、デジタル面からも、3Dプリント作業をより効率的にできるようになりますね!

 

Surface FinishとQueueの新機能で、私たちのB9 Core Seriesにおけるプリントがさらにストレスフリーになり、時間も節約できるので満足です!

B9CreationsによるB9 Core Seriesのための無料ソフトウェア「B9Create」は、B9Creationsのウェブサイトのこちらからダウンロードできます。

 

B9 Core SeriesであるB9 Core 530および550の商品詳細はこちらから。

前の記事 3DPC「Markforged Mark Twoマニュアル」: 成形手順 - 成形物のデザイン
次の記事 3DPC「Markforged Mark Twoマニュアル」: 構成

コメントを書く

コメントは管理者の承認後表示されます。

* 必須項目です