B9Cleanで3Dプリントの後処理を自動化!

B9Cleanで3Dプリントの後処理を自動化!

3Dプリントは、従来の製造方法の工程を省くことができたり、時間を短縮できたりと多くのメリットがあります。

しかし、正直なところ、プリントの後処理は手間であったり汚れたりすることもあるのが実情です。

その悩みを解決すべく、B9Creationsは「B9Clean」をリリースしました。

B9Clean

プリント・洗浄・乾燥するまで手に触れる必要なし

光造形3DプリンターB9 Coreシリーズで造形したパーツをビルドプレートについたまま、またはトレーに入ったままB9Cleanにセット出来る仕様になっています。

そのため、プリント開始から後処理まで、造形物に触る必要がありません。実際に手で触れるときには、洗浄されて乾燥した状態になっています。

 

洗浄剤の使用量を75%削減

クリーニング時間は1~10分です。

洗浄剤の使用量は1.3~2Lと、市場に出ているクリーニング機器に比べて75%少ない上に、1回の補充で通常50回使用できるエコな仕様です。

洗浄後は洗浄剤が排出されるので、造形物が洗浄剤にさらされ続ける心配はありません。

 

B9 Coreシリーズで3Dプリントし、B9Cleanで洗浄したら、B9 Model CureでUV硬化すれば、あなたの3Dプリント造形プロセスが効率化されます。

DDDJapan.comでは、B9Cleanの事前予約を受け付け中です。詳しくは、お問い合わせください

次の記事 Metal X デザインガイド Part 2
前の記事 B9Creationsから新エンジニアリング材料―Rugged Nylon 6発売!

コメントを書く

コメントは管理者の承認後表示されます。

* 必須項目です