3DPC「Markforged Mark Twoマニュアル」:成形手順 - Eiger上での設定 Part 3

3DPC「Markforged Mark Twoマニュアル」:成形手順 - Eiger上での設定 Part 3

DDDJapan.comの運営会社である、株式会社3D Printing Corporationが執筆した「Markforged Mark Twoマニュアル」から一部抜粋した情報の連載です。

※本記事の掲載内容は本ブログ記事公開時のものです。最新版のご注文はこちら

 

 

II. 成形手順

II.b. Eiger上での設定

II.b.v. キューを利用したデータ格納

2016年2月ごろのアップデートでプリントデータをMark Twoに複数格納できるようになりました.その機能はQueueと呼びます.Eiger上でQueueにプリントデータを保存すると,Mark Two本体のストレージにデータ保存され,Mark Twoのタッチパネルの操作で順番にQueueのデータを3Dプリ ントすることができます.

このシステムの実装により複数のデータを1度まとめてプリントしたい場合に,EigerとMark Twoとの間を行き来しないでよくなりました.ただし,別々のデータを一度に印刷すること自体はprint画面で実行できるので,これを用いるのは,一度で印刷しきれない設置面積をもつ場 合や時間を分けて印刷したい場合に限られます.

Queueを利用したプリント手順を以下に示します.

(2017年5月のアップデートで通常のprintのプロセスと同じようにQueueに追加できるようにな りました.)

1. Queueに転送したいデータをEiger上で選択
2. 各種設定を確認後Printボタンを押しPrinting Settingsの画面を開く
4. Queueに送りたい印刷データを選択しPrintをクリックする
5. Add to Queueをクリック
6. Mark TwoのディスプレイでQueueにデータ格納されたことを確認する
図 II.27 プリント設定ページでプリントボタンを押すとAdd to Queueできる
図 II.27 プリント設定ページでプリントボタンを押すとAdd to Queueできる(2017/5)
図 II.28 古いパッチではselect printerでAdd to Queueを選択していた
図 II.28 古いパッチではselect printerでAdd to Queueを選択していた

キューを利用して印刷する場合は,Mark TwoのタッチパネルからMenu→Print Queueを選択するとキューに格納したデータを印刷することができます.ただし,キューに格納したものは1度印刷すると消えてしまうので,複数回同じキューを印刷したい場合はあらかじめキューを複数個Mark Twoに格納します

II.b.vi. 同じデータの再印刷

過去にプリントしたデータは 2つの方法でリプリント(再印刷)することができます.

1.プリンタ本体のストレージを利用する

プリンタは直前にプリントしたデータのみストレージに保存している(2016年1月 ごろのアップデートで別途プリンタ上にQueueを利用してデータ格納できるように なりました).そのため,直前のデータに限り,プリンタのタッチパネルの操作(Reprint)のみで再度プリントすることができます.

2. Eigerに保存されている履歴を利用する

過去にプリントしたデータを再度プリントする場合は,Eigerのプリントログからデータを取り出し再プリントします.Eiger画面右上のオンラインのプリンタを選択→表示されるプリンタの履歴(Print History)からプリントする成形物の隣にある「Print」をクリック


・・・この続きは、次回ブログに連載予定です。

Markforged社の3Dプリンターの詳細は、こちら

次の記事 DDDJapan FMS - 最良のフィラメント・マネジメント・システム登場!