お役立ちブログ

Injection-molding-3d-printer

射出成形と3Dプリンターを比較!5つの項目別に違いを解説

射出成形と3Dプリンターを比較し、5つの項目別に違いを解説しています。比較では、成形や造形速度・コスト・形状の自由度・設計変更への対応・品質の安定性という5つの観点からそれぞれを比較。どちらを導入または活用すべきかを検討する際のポイントをまとめています。

射出成形と3Dプリンターを比較!5つの項目別に違いを解説

射出成形と3Dプリンターを比較し、5つの項目別に違いを解説しています。比較では、成形や造形速度・コスト・形状の自由度・設計変更への対応・品質の安定性という5つの観点からそれぞれを比較。どちらを導入または活用すべきかを検討する際のポイントをまとめています。

Dual-Material-Pipe

異種金属接合、バイメタルとは | 金属3Dプリンターでバイメタル部品を造形するメリットを造形品...

近年、軽量化・コスト削減・性能の向上を目的とした部品開発において、「異種金属接合」や「バイメタル」といった、異なる金属材料を用いた製造技術が採用され始めています。この記事では、異種金属接合とバイメタルの特徴から、弊社取り扱いのワイヤーDED方式金属3Dプリンターでバイメタル部品を造形するメリットをご紹介いたします。

異種金属接合、バイメタルとは | 金属3Dプリンターでバイメタル部品を造形するメリットを造形品...

近年、軽量化・コスト削減・性能の向上を目的とした部品開発において、「異種金属接合」や「バイメタル」といった、異なる金属材料を用いた製造技術が採用され始めています。この記事では、異種金属接合とバイメタルの特徴から、弊社取り扱いのワイヤーDED方式金属3Dプリンターでバイメタル部品を造形するメリットをご紹介いたします。

Banner-Carbon

試作だけで終わらない!Carbon社3Dプリンターで最終製品の量産に成功した事例を紹介

3Dプリンターは、試作だけでなく、最終部品の製造や量産目的としての活用も多くなっています。 今回は、Carbon社の3Dプリンターを用いてどういった製品が量産されているのかをご紹介します。

試作だけで終わらない!Carbon社3Dプリンターで最終製品の量産に成功した事例を紹介

3Dプリンターは、試作だけでなく、最終部品の製造や量産目的としての活用も多くなっています。 今回は、Carbon社の3Dプリンターを用いてどういった製品が量産されているのかをご紹介します。

LC-Magna-Mass-Production

3Dプリンターによる量産に適した場面とは?量産事例や課題も紹介

3Dプリンターによる量産の適した場面を解説しています。課題や量産事例なども紹介。「自社製品の量産に3Dプリンターを活用できるのかどうかよくわからない」という方にぴったりの内容になっています。

3Dプリンターによる量産に適した場面とは?量産事例や課題も紹介

3Dプリンターによる量産の適した場面を解説しています。課題や量産事例なども紹介。「自社製品の量産に3Dプリンターを活用できるのかどうかよくわからない」という方にぴったりの内容になっています。

HD-Slate-and-Pin

3Dプリンターを活用して、高精度な超精密部品を造形するメリットとは | 造形品も紹介

3Dプリンターで高精度な超精密部品を造形する技術「マイクロ3Dプリンティング」の特徴から、メリットやデメリット、造形品などを紹介しています。

3Dプリンターを活用して、高精度な超精密部品を造形するメリットとは | 造形品も紹介

3Dプリンターで高精度な超精密部品を造形する技術「マイクロ3Dプリンティング」の特徴から、メリットやデメリット、造形品などを紹介しています。

pellet

3Dプリンターにおけるペレットとフィラメントの違い|メリットとデメリットも解説

3Dプリンターにおけるペレットとフィラメントの違いから、それぞれのメリットとデメリットを解説しています。3Dプリンターの導入、部品や製品の造形にあたってどちらが適しているのか、検討材料となる内容になっています。

3Dプリンターにおけるペレットとフィラメントの違い|メリットとデメリットも解説

3Dプリンターにおけるペレットとフィラメントの違いから、それぞれのメリットとデメリットを解説しています。3Dプリンターの導入、部品や製品の造形にあたってどちらが適しているのか、検討材料となる内容になっています。