Author - Aiko

東京大学での義足製作に3Dプリントを応用

3Dプリントの力を 最も享受することのできる用途の一つ 義肢装具の普及率は3Dプリント技術の応用により劇的に変わることが予見される。 現状では、義肢を必要とする約1000万人もの内おそよ40%ほどしか義肢を身に着けることができていないと報告されている。 主な理由としては1.義肢が高価であること、2.機能性に制限があること、が挙げられる。 一式の義手の価格は150万円を超え、特に子供の場合は成長につれサイズを変更する必要も出てくる為、家族の金銭的負担も大きい。十何年後、大人になってからようやく義肢を手にすることができる人も少なくない。 機能性に関しても、カスタマイズや修理をすることが自分では難しく、さらに設計自体から装着時の動作に制限が出てくる。 しかし、3D造形技術を活用することで両方の課題点を劇的に改善することができる。 東京大学での取り組み 今年のサウスバイ・サウス・ウエスト(SXSW)にてアワードを獲得した東京大学のチームでは、設計面に特に力を入れている。 従来の義足は受動的タイプで、装着者自身が義足を一歩ずつ動かすごとに体の他の部分の筋力を使い持ち上げなければならず、装着者に負担の大きいことが課題となっている。一度義足の膝が曲がると、体の重さを一切支えることができなくなるため、特に階段の上り下りや椅子から立ち上がるような動作では大変な負担となる。 義肢の膝部分に新設計のアクチュエータ(技術は特許出願済み)を搭載しており、スムーズにエネルギーを物理的動作に変換することができる能動的タイプの義足として2020年に生産を計画している。 公式ページはこちら https://www.bionicm.com/ プロトタイプの名前は「Suknee」サニーと読み、義足を身に着けることで天気の良い日のようにユーザーに明るい人生を送ってもらいたいという願いが込められている。 オープンソースで誰もの手に届く ぴったりの義肢装具を 義肢装具業界では様々な技術革新が進んでおり、多くのプロジェクトが同じ目標を目指している。その中でほどんと全てのプロジェクトが3D造形を何らかの形で利用している。 主なゴールとしては次の2点が挙げられる。 1.安価な製作を可能にすることで、一人でも多くの人に義肢による補助を受けてもらうこと。 2.設計を改善することで、様々な動作をし易くし装着者の身体的負担を軽減すること。 形状確認だけでなく、実際の製作に使用するパーツも専ら3D造形することができ、家や自作したり、自治体のイベントで製作することも可能だ。 「義肢 x 3Dプリント」でしばしば話題となる2つのプロジェクトを紹介する。

再生医療と3D造形について 特集がテレビ放送されます

再生医療と細胞工学の分野で 3D造形技術が注目されています これまでもシート上に単一の細胞を培養したり、既成の足場に培養を培養し定着させることは細胞工学や再生医療の現場では実用がされていますが、実は人体の模倣状態を作るには多くの課題があります。 ミクロ構造の構築 多種細胞の配置 3次元内部構造の構築 毛細血管網の構築の血液灌流 細胞誘導・増殖・分化制御 これらの課題を乗り越えることは従来の手法では「不可能」とされていました。 3D造形という技術が、医療業界とは別の分野で技術革新を重ねるに連れ、今まで想像の中だけであった3次元内部構造を持った細胞・組織の構築というのが、「理論上は可能」ということろにまで来ています。 「出来ない」が「出来るかもしれない」に変わることは、とても大きな一歩だと信じています。 再生医療といった目立ちがちな用途だけでなく、 創薬スクリーニングや病床モデルなど、世界中の命を救うことに繋がる研究でも3D造形技術は非常に大事な役割を担っています。 初回は山梨県での放送となりますが、全国のテレビ局での放送を予定しております。 機会があれば是非ご覧ください。 4月4日 18:15~ 放送予定 #再生医療 #細胞工学 での #3D造形 技術の応用について、特集番組が放送されます。 A post shared by DDDJapan.com (@dddjapan) on Apr 4, 2017 at 1:55am PDT 今日のワイドニュースシリーズ「ライフチャンネル」「医療用3Dプリンター」を特集。日本の医療を変える、その最新技術に迫ります。#YBS #山梨 #山梨県 #山梨のニュース #3Dプリンター pic.twitter.com/3IM0yLaIrA— YBS山梨放送公式 (@ybs_pr) April 4, 2017

トライナス発送アップデートと今後の在庫について

「手元に届くのはいつ?Trinus発送状況」 ご購入時期に依って2月末もしくは3月末までにお届け予定だったTrinus 3Dプリンターと各種オプションアイテムですが、メーカ側で安定した部品供給に苦しんでおり現在出荷予定が遅れてしまっております。 現状アップデート 本体とノズルセット(0.4mmノズル単体を含む)については在庫確保ができ、3月29日に日本へ向け発送となります。日本への到着は4月上旬となります。 メーカーであるKodama社からのお詫び DDDJapanでは大口注文ということで優先的に在庫を回していましたが、生産数が中々追いつかず、Kickstarterで直接申込されたお客様の中には去年の夏より待っている方もいらっしゃいます。 ユーザー数が増える中、製品品質の安定化と、機能改善のためにオプションパーツの設計変更や、場合によってサプライヤーの変更をせざるを得ず、このような出荷遅延に繋がっています。 トライナス本体には設計修正がない為出荷を致しますが、オプション品に関しては現在 設計の見直しがされた商品を製造中です。 特にヒーテッドベッドに関しては前回の日本への出荷から数を確保するこができておらず、大変長らくお待ち頂いております。 より良い製品をお届けしたいと考えております。 皆様には楽しみにお待ちいただいている中、誠に勝手ではございますが 何卒お時間をいただければ幸いです。 誠に申し訳ございません。 メーカー発表のタイムライン ヒーテッドベッド、LCDスクリーン、レーザーエングレーバー、アルミカバーについて全て4月末から5月上旬の納品を予定しております。 キャンセルや予約内容の変更 もしもキャンセルされたい場合には、ご連絡くださいませ。 対応させていただきます。 info@dddjapan.com 世界中のTrinusユーザーと繋がろう! Trinus 公式Facebookグループ(要 申請) 日本Trinus フォーラム Trinus公式 フォーラム

初めてご利用される方へ

オンラインショップの概要 DDDJapan.comでは日本国内の法人、公共機関、ファブラバーの皆様へ向け3Dプリント技術における総合的な商品を販売致しております。 主な商品として、3Dプリンター / 造形用素材 / ソフトウェア / 3Dプリント関連書籍 / その他小物 を取り扱っております。 DDDJapan.comは株式会社3D Printing Corporationが運営するオンラインショップであり、当社の事業は全て3Dプリント技術に特化しております。 1. アカウントの登録 ご自分のアカウントを登録すると、購入履歴や商品の発送状況が見れるようになります。さらに発送先を登録しておくことで、次回購入時から宛先情報などの入力の手間を省くことができます。 画面右上、「よくあるご質問」の右の「LOGIN」より、マイアカウントを登録することができます。 右欄に登録に使用するメールアドレスを入力し、パスワードを設定してください。 左欄は次回よりログインする際に使用します。 パスワードは強力なものを設定しないと先に進めないようになっています。 おそらく複雑なパスワードになるかと思いますので、ブラウザーにパスワードを保存するか、どこか別の場所に控えておくことをおすすめします。 アカウント登録が完了すると、登録アドレス宛てにメールが届きます。 登録することで、すぐに使える 50ポイント がアカウントに登録されます。 氏名、メールアドレス、パスワードはこちらで変更することができます。 請求先住所と納品先住所を登録することができます。 注文時に情報を入力する手間が省けるのでおすすめです。

ファッション向けファブスペース andMade発足

ローカルでものづくりを トレンドの先に 服飾系コワーキングスペースとして、4月末から「andMade」がオープンする。 アパレルメーカー並みの機材が揃い、デジタルファブリケーションを可能にするUVプリンターやレーザーカッターなど多くのマシンが揃っている。 工業用機材でも気兼ねなく活用できるように、服飾スキルに合わせてワークショップなどの講座も開催され、アイデアを形にするための機材・教育・スペースが一か所でまとめて手に入るのがandMadeだ。 様々なものをローカルで製作するといった、グローバリズムと対抗する動きは製造業全般に対しても見過ごすことのできない経済的要素であるが、特に日本のような先進国ではローカルにものを製造することの利点はとても大きい。 個人単位で、法人単位で、日本の産業を先駆していくようなものづくりが、andMadeのようなハブを通じて生まれるのではないだろうか。 スポンサーとしてついているのは、芸能事務所である古館プロジェクトだが、こういった場所を提供することはとても価値のあることであり、素晴らしいことだと思う。   一号店として渋谷 北参道にオープンするが、今後も展開が期待される。 デジタルファブリケーションの 中での3Dプリント技術 3D造形技術はandMadeでどのように貢献できるだろうか。 バックの持ち手を3Dプリントしてもいいし、靴のヒール部分や、ちょっとした装飾物を作ってもいい。 骨格を3Dプリントして、外観は手作りのキルトや、牛側、着物生地で覆うなど、新古の技術を融合させるのも面白いだろう。 DDDJapan.com(株式会社3D Printing Corporation 運営)では3Dプリンター部門として、Felix Pro2を導入していただいた。 デザイナーが思い描く繊細な曲線や、複雑な構造を表現、具現化できるよう、水溶性サポート材が使用でき、さらに3Dデータの処理能力も高いものを選んだ。   どんなアイデアが生まれるか、とても楽しみである。 詳細は公式プレスリリースをチェック! https://www.atpress.ne.jp/news/125045 古館プロジェクト特設ページ https://www.furutachi-project.co.jp/fashion/ 選択するクイックビュー [...]

建築モデルでの3D造形応用

建築業界は比較的 3D造形技術を導入しやすい環境にある 今まで手作業で様々な材質を使用し製作していた建築モデルですが、 形によっては3Dプリントした方が格段に速く、そして正確に形にすることができます。 なにより建築業界ではすでに昔からCADを使用しているので、3D造形技術を導入するための敷居は他の業界よりも低いと言えるかもしれません。 写真提供 SPLICE & PARTNERS SPLICE & PARTNERS建築事務所での3D造形応用 かなり大掛かりなランドスケープを製作されているとのことですが、沢山のオブジェクトを3Dプリントしてご使用されています。 SPLICE & PARTNERSさんでは現在3台の3Dプリンターを活用し、それぞれ用途別に使い分けていらっしゃいます。 高さがある建築物向けに1台 水溶性サポート材の試用と中サイズの造形用に1台 小型な精密造形用に1台 全てFFFタイプの3Dプリンターですが、予めどんな風に応用するかを考えて機材を導入されているので、かなりの幅の造形に対応できます。 今後のご活躍に期待です!

「3Dプリント東京」 自動車産業 x 3Dプリント

3/24(金) 【参加無料】 自動車産業対象! 3Dプリント技術を応用した 新しい産業の在り方 アメリカやヨーロッパの自動車製造では既に当たり前のように応用されている3Dプリント技術。数年前から特殊な構造のエンジンや、カーボンファイバーを利用した軽量化などが大きな話題となっています。 自動車産業で活用できる3Dプリント技術には様々な手法があり、形状確認用から、実装パーツ、ひいては形成用の型、冶具の製作にも役立ちます。 しかし自動車産業といっても、部署や会社によって最も効率的な手法や技術は大きく異なります。 そこで今回は、3Dプリント技術を利用した自動車関連ビジネスの在り方について、皆様の参考になるような内容をお届けしたく、今最も注目を浴びているカーボンファイバーでの3D造形や精密部品における光造形機の使用についてフォーカスを絞りご紹介いたします。 もちろん、イベント後半にてテーマ以外のご相談も気軽にしていただけますし、最新のトレンドである、生成的デザインを利用した自動車部品の設計についてもお話しをする予定です。 【こんな方におすすめ】 ・3Dプリント技術が自動車業界でどう活用できるか知りたい ・導入するにあたり実際どんなコストがかかるのか知りたい ・既に3Dプリントを導入しているが使用に関して相談したい ・参加者と意見交換がしたい 参加無料で、ワンドリンクオーダー制です。3Dプリンターはじめ最先端のファブリケーションが利用できるFabCafeで、オリジナルドリンクを飲みながら一緒に自動車産業の未来について語り合いませんか。 個別相談のお時間も設けておりますので、3Dプリンターを導入する上でお困りな点など直接技術スタッフとお話しいただけます。 開催日時 : 2017年 3月 24日(金) 時  間 : 19:00~20:30 場  所 : Fab Cafe (http://fabcafe.com/tokyo/) 東京都渋谷区道玄坂1-22-7 道玄坂ピア1F 京王井の頭線 神泉駅 南口 徒歩3分 JR渋谷駅 徒歩10分 参 加 費 :  ワンドリンクオーダー制 お問合せ先:㈱3D Printing Corporation PEATEXでのイベント紹介 Meet-upでのイベント紹介 あッ3Dプリンター屋だッ!!@TOKYO-MAKERでの紹介 同時展示予定のデモンストレーション機材 世界的に有名なカーボンファイバー造形ができるマシンと、業界最先端の精密造形用光造形機を展示します。 普段見ることのできない機材に触れることのできるチャンスです! 選択するクイックビュー [...]

春のクリアランスセール!3月中納品可能です!

対象商品 50%-60%OFF! 実施期間 3月17日~4月30日 ご用意がなくなり次第 終了とさせていただきます。 人気のColorfabb社XTシリーズや Taulman社シリーズも 対象となっています! 3月30日午前までに ご購入いただければ 3月中の納品が可能です。 (九州や東北地方は3月29日午前まで) 是非この機会にお買い求めください! 以下、対象商品一覧 eSUN社 フィラメント [...]

日本市場に関して思うこと

日本市場はどこへ Mark TwoやCubicon、Raise3Dの様に今後更に用途に特化したハードウェアが参入してくることが予想される3Dプリンター市場だが、日本国内での購買数の伸び率は海外と比べると低迷気味なのが現状だ。 買い控えの一番大きな理由にはハイプサイクルがあるが、その内容としては2010年以降どっと流出してきた海外製品に対する日本国内でのサポートや修理が不十分だったためにユーザーがトラウマのような経験をし、3Dプリント技術全般に対して不信感を覚えてるというようなことだ。 単純にハイプサイクルが原因だろうか。 日本の3Dプリント市場が伸び悩む背景には言葉の壁や経営方針、さらには文化の違いといった海外メーカーと日本代理店の間の大きなギャップがあることが否定できないのではないか。 ガートナー社のハイプサイクルは3Dプリント技術にも当てはまる。今が丁度底辺だろうか。 メーカー保証に対する考え方の違いと等価交換について 例えば「メーカー保証」という考えについて考察してみよう。 海外では「パーツは無償で提供するけど、修理は自分でやってね。」というのがメーカー保証の意味で、日本の「売った方が全て責任を取れ」という関係とは全く異る。 特にDIY(do it yourself 自分でやる)の文化精神が強いアメリカと比較すると、3Dプリンターの修理もメーカーと直接話したり、パーツをもらったら自分で調べて何とかするというのが普通だ。マシンに関するユーザーフォーラムでは裏ワザの披露や質問、議論が絶えず活発的に交換されている。 英語で読み書きができないと一般公開されている情報も自由に取得することができず、フォーラムなどを運営するマシンも結局はその魅力を発揮できない。 Lultsbotは世界最大級のユーザーフォーラムを持つ3Dプリンターブランドだ。 海外製品を日本のメーカー保証基準に合わせて販売するためには、代理店が努力してその価値を負荷しなければならない。そこまでには様々なハードルが立ちふさがる。そもそも日本人の保証に対する考え方をメーカーが理解しないことも非常によくあるし、多くの代理店にアプローチしたいメーカーなら、販売の質など気にせず数だけ売りたいこともある。 年間500台以上が新規参入する3Dプリンター市場ではほとんどのメーカーがベンチャーやスタートアップで、大手企業が牛耳る日本のようなスローテンポな物流取引に魅力を感じず、そもそも参入を真剣に考えていない企業も多い。 3Dプリンターの第一言語は英語だ。言葉の障壁が高く自由に情報を取得できない日本市場では国内での正規修理・メンテナンスの有無が将来も大きな価値として認識され続けるだろう。 その結果として当然、お金と価値を「等価交換」する売買では海外で設定されている価格よりも値上がりをせざるを得ない。 保証内容だけでなくユーザーマニュアルも日本語に特別に書き下ろさなければならないし、おそらく拡販の為のマーケティングも実費でエキスポなどに参加せざるを得ないだろう。 マシンが高かろうが、安かろうが特殊な産業用3Dプリンターを除き”日本人対応”に掛かるコストは余り変わらない。日本人の人件費は安くないし、そこまでの労力を掛けてペイできる、もしくはユーザーが良しとする価格帯を維持できるマシンは限られてくる。 そう。10万以下のような3Dプリンターの売買際して代理店が全て責任を負うようなことは理に適わないのだ。Trinusのようにスケールする場合は話が別だが、月数台の販売数で日本基準の保証を付帯しようものなら10万のものが倍の価格になってしまうだろう。 Trinusスケールする商品は低価格でもきちんとした保証を付帯することができる。大卸と卸、そして代理店から代理店へ 「海外より高額でも日本国内で正規サポートが受けられない3Dプリンターもあるではないか。」 と思う方がいらっしゃるだろう。 日本特有の物流の流れが価格吊り上げに絡んでおり、日本の大手商社は市場の中でまあまあ良く安い製品をピックアップし、独占契約を迫る。競合の参入を排除し安心してお抱えの流通網へ商品を流すが、エンドユーザーへものが到着するまでには何社もの代理店が間に入るので価格は当初の3倍に。 これが日本の3Dプリント市場の成長を妨げている原因の一つでもあり、また、多くの代理店は3Dプリンターを扱うのが初めてだったりと販売する商品に関する知識が少ないのも販売後のトラブルを招く原因だろう。 Makerbot Replicator 2製造中止になったMakerbotシリーズは今も日本のエキスポではいたるところで目にするよりローカルに、バーティカルに統合が進む 3Dプリント技術の醍醐味は物流連鎖の凝縮と人間の頭と手では不可能な構造を実現することにあると思っている。 3Dプリントを利用することで デザイン・設計、試作、決定、生産(将来的には量産も可能に)、販売 まで全てがローカルに、ローコストで可能になる。 町工場で設計から販売まで縦型統合をした企業が可能になれば、日本の田舎でさえ一気に活気づくかもしれない。 砂漠や惑星でその土地の資源を利用する3Dプリンターを組み立てれば、資源供給にロケットを何度も飛ばす必要なく無人で住居が建築できるかもしれない。 プロトタイプからジュエリー、芸術、建築、製造、自動車、航空、宇宙、医療、全てのものを作る人に3Dプリント技術の利点を知ってもらい、利用してもらいたい。 経済全体を動かすような大きな可能性を持つ技術だからこそ、将来のためにも日本はトップレベルで導入・研究を進めて欲しい。 ただ、今のままの物流体制や言葉の壁があるとその将来も危ういように思われる。 Markus Kayser - Solar Sinter ProjectMarkus Kayser - Solar Sinter Project砂漠の砂と太陽光を使って造形をする試み。宇宙での無人建築に繋がる鍵だ。

ディアゴスティーニの3Dプリンターが完成しました!

全55週の組み立て式3Dプリンターが完成! 本体がアクリルで、基盤や配線が全て丸見え!!ビジュアル的にはかなりかっこいいです。 基本的に金属構造のプリンターでないと精度は出ないので、 「精度が出ない!」と文句を言うのはなしですね。 造型サイズ 150(幅)x130(奥行)x100(高さ)mm 対応フィラメント直径 1.75mm 今回の3Dプリンターは 組み立てる楽しさ、見た目のかっこよさ、充実感があるので、これくらいの造型でも納得? テストプリントはこんな感じです。 それでも創刊号から合計で税込11,8590円かかるので・・・ RepRapのWanhao Duplicator 1台(税込 51,732円) + Printerbot Play 1台(税込 59,400円 )の2 台を買ってもお釣りがきますね。 組み立てる楽しみと可愛がりようがあるとはいえ、実用性を求めるとちょっと物足りないかな?