建築モデルでの3D造形応用

建築モデルでの3D造形応用

建築業界は比較的
3D造形技術を導入しやすい環境にある

今まで手作業で様々な材質を使用し製作していた建築モデルですが、
形によっては3Dプリントした方が格段に速く、そして正確に形にすることができます。

なにより建築業界ではすでに昔からCADを使用しているので、3D造形技術を導入するための敷居は他の業界よりも低いと言えるかもしれません。

建築モデル造形1
写真提供 SPLICE & PARTNERS

SPLICE & PARTNERS建築事務所での3D造形応用

かなり大掛かりなランドスケープを製作されているとのことですが、沢山のオブジェクトを3Dプリントしてご使用されています。

SPLICE & PARTNERSさんでは現在3台の3Dプリンターを活用し、それぞれ用途別に使い分けていらっしゃいます。

高さがある建築物向けに1台
水溶性サポート材の試用と中サイズの造形用に1台
小型な精密造形用に1台

全てFFFタイプの3Dプリンターですが、予めどんな風に応用するかを考えて機材を導入されているので、かなりの幅の造形に対応できます。

今後のご活躍に期待です!

Share this post