自作3Dデータ・おもちゃ編(プラレール第一弾)

自作3Dデータ・おもちゃ編(プラレール第一弾)

明けましておめでとうございます。

今日は雪が降りそうな寒さですね。

 

新年明け、去年出会った親子さんから嬉しいお知らせがありました。

「こんな3Dデータを作ってみました。」

見てみると、なんとプラレールのレールや、ロケット、三次元迷路、電車、プッチンプリン用容器など
精巧なデータが並んでいました!

 

3Dデータを作ったのは小学校4年生のD君。
Tinkercadという形を組み合わせてデータを作る無料オンラインソフトを使用しました。

 

データのできが予想を上回っており、これは是非とも実現化させてあげたい!とこちらで3Dプリントしてみました。

 

第一弾の写真

試作品第一弾の写真

 

ショールームへ来てもらい、自分のプラレールと合わせてみることに・・・!
わくわく

 

第一弾はちょっとサイズが合わず・・・

第一弾はちょっとサイズが合わず・・・

 

 

一番難しそうな台形のつなぎ部分は難なくはまりました!

最近分度器の使用法を学んだらしく、四角の両サイドに10℃の長方形を当ててピンポイントの台形を作り出していました。

クリエイティブ!!!

 

しかし横の長さが微妙に違ったため、電車が脱線してしまいました・・・。

 

ということで、データをその場で修正することに。

Tinkercadは無料のオンラインソフトなので、どこでもインターネットがあればログインするだけで使用できるのが便利ですね。

 

<データを作成している動画はこちら>
tinkercadを操作

B9Creatorにはさまれtinkercadでデータ修正を行う様子

B9Creatorにはさまれtinkercadでデータ修正を行う様子

 

どんな角度からでも物体を眺められます

どんな角度からでも物体を眺められます

空洞などをグループ化し、複雑な形を作っていきます

空洞などをグループ化し、複雑な形を作っていきます

 

修正完了!ということで、早速プリントしてみました。

 

3Dプリンターを食い入るように見つめるD君

3Dプリンターを食い入るように見つめるD君

 

使用機は信頼のZortrax M200

<プリント設定>

フィラメント:Z-Ultrat Blue

解像度:0.19mm (平らな面が多いので解像度は一番低いものを選びました)

インフィル:Solid (ちょっと硬めな仕上がりに)

サポート:80度以上の傾斜で付きます

プリント時間:1時間47分

修正版プラレール用レールの完成

修正版プラレール用レールの完成

 

当日は時間がなく、近日完成品を取りに来る予定です。

さて修正版はぴったりとはまるのでしょうか!!??

 

次回お楽しみに。

 

Share this post

コメントを残す