BCN3D SIGMA / BCN3D シグマ

¥348,000

こんなにも使いやすい 2色3Dプリンター 、今までなかった!!

取り寄せの注文(予約注文など)が利用できます

トラブルを防ぐ設置・研修

納品日には当社の技術スタッフが設置と使用方法の研修にお伺いします。詳細は商品ページ内、「オプションサービス」をご参照下さい。

+ ¥30,000

安心の国内保証

メーカー保証に加えて不調時のマシン診断、メンテナンス、修理も全て無償で⾏います。詳細は商品ページ内、「オプションサービス」をご参照下さい。

+ ¥60,000
Additional options total:
Order total:
商品コード: P63001 商品カテゴリー: , , , , ,

商品説明

従来のどのデュアルヘッドよりも使いやすい!

用途に合わない3Dプリンターを使っていて、やりたいことを諦めていませんか?

「 2色3Dプリンター  に憧れていたけど、高額だし設定が難しそうで断念していた。」

「シングルノズルで造型をしてきたが、複雑なモデルが多いのでサポート材の除去に苦しんでいる。」

そんな悩みにお答えします!

Screenshot 2016-06-09 at 4.06.33 PM

やっぱり色は多いほうがいい。

単色だとモデルの形を見ることだけを重視しますが、2色使えればより実装に近いプロトタイプが可能になります。

また、純粋に色を組み合わせて楽しむことができますね!
ゴム質や木材、金属質と組み合わせれば、より面白い質感の造形も楽しめます!

bcn3dsample5

サポート材の利用

「どこまでが本体でどこまでがサポートなのかわからない。」
「繊細なモデルなのにサポートが手の届かない場所に入り込み挫折」

片方に水溶性のサポート素材やリモネンで溶けるHIPSなどをロードすれば、こんな悩みに別れを告げることができます。

機能の違いをご覧あれ

今までにないほど扱いが簡単なのは、エクストルーダーヘッドが2つに分かれているから。

2種類のフィラメントをより的確に使い分けることができるから、より綺麗に、モデルの形に制限を受けることなくプリントすることができます。
通常のデュアルタイプ3Dプリンターは、2つのヘッドが一緒になって動いてしまうので、色が混ざってしまったり、もう片方のノズルから垂れたフィラメントが造型に付着して表面がビロビロになったりするとこが多々ありますが、BCN3D Sigmaはこの技術的課題を克服しています。

組み立て不要

基本的には箱から出したら緩衝材を外し、フィラメントチューブとプリントベッドを設置して電源コードを入れるだけ。
ファームウェアの更新から始めることもありません。

bcn3dphoto

誰でも使えるタッチパネル

フィラメントの交換、プリントベッドのカリブレーション、温度管理、すべてタッチパネルから簡単に操作できます。
親切なガイドでカリブレーションも安心。

bcn3dphoto3

0.05mmピッチでの造形

本体はアルミニウム製でパーツも品質の高いものを使用しているからこそ実現する、精度と耐久性。FDMプリンターなのにz軸レイヤーは50μまで実現可能です。

bcn3dphoto5
bcn3dphoto7

軽いヘッドでスピードも向上

ボウデン式のフィラメント供給だから、ヘッドの動きが更に軽やかに、速い設計になっています。

bcn3dphoto4

自分でノズルをキレイに保つ

エクストルーダーの両脇にはノズルの先端をきれいに保つためのワイパーがついています。
ヘッドが行き来する度に垂れたフィラメントを除去してくれるスマートな設計!

bcn3dphoto6

オープンフィラメント

木材、金属質、ゴム質ナイロン、水溶性フィラメントなど、変わった素材も問題なく出力できます。

設置・研修と本体保証

FDMプリンター保証

DDDJapanでは全てのFDMプリンターにおいて日本国内での保証、導入設置、使用方法研修をオプションで追加購入していただくことができます。

国内保証1年:不調時、故障時には無償でメンテナンスを行います。修理に掛かるパーツ代、人件費も無償になるので長期的に安心してお使いになりたい方におすすめ。

設置・研修:当社の技術スタッフが現地へお伺いしソフトウェアのダウンロードからマシンの初期設定まで全て行います。その際に使用方法もステップ・バイ・ステップで学んでいただけるので、初期導入時のストレスが劇的に違います。
間違った使用方法による出力ミスやマシンの故障を防ぐことに直結するので、初めて3Dプリントを導入する方やオペーレーターに責任をもってマシン管理をしてもらう場合におすすめ。

どんな素材を組み合わせて、どんな設定をすればいいの?

簡単とは言え、単色での造形と比べるとソフトウェアなどの設定も少しだけ複雑になります。

使いたい素材同士の相性や、スライサーソフトウェア上での造形設定など、疑問に思うことが幾つかあるでしょう。
そんな細かい質問も、DDDJapanなら気軽にご相談いただけます。

大ボリュームの造形タイムラプス

スペック

FAQ

レビュー

閲覧履歴からのおすすめ もっと見る

チャットで相談しませんか
チャットで相談しませんか
気になることやご相談もお気軽にお話ください。
Connecting...
只今オペレーターが不在です。お時間をおいてからお話いただくか、メールにてご連絡くださいませ。email: info@dddjapan.com
只今チャットラインが混雑しております。順番にお繋ぎしますのでしばらくお待ちくださいませ。
:
:
:
こんにちは!ご質問は何でしょうか?
:
:
チャットを終了しました