B9Creator v1.2 / B9クリエーター 1.2

B9Creator v1.2 / B9クリエーター 1.2

¥780,000

安い、早い、そして使える(見た目も可愛い)

アメリカで最も愛用されているジュエリーメイクの為の光造形機

在庫あり

安心の国内保証*

使用頻度や予算によって3つの保守プランから選ぶことができます。ご購入検討時から納品設置、導入後のオペレーションの流れまで、徹底的にサポートいたします。1年目のみ必須、次年度以降は任意です。

+ ¥120,000
+ ¥210,000
+ ¥320,000

トラブルを防ぐ設置・研修*

納品日には当社の技術スタッフが設置と使用方法の研修にお伺いします。詳細は商品ページ内、「オプションサービス」をご参照下さい。

+ ¥30,000

CE マーク対応

誤操作や塵などからプロジェクターを守る外カバーと換気装置用の接続口がついたモデル。臭いや換気が気になるワークスペースに最適です。換気や異臭規制のあるシーンにおすすめです。学校や窓の開けることのできないオフィス、小さなスペースなど、臭いや換気に気を配らなければならないシーンに最適です。

プロジェクターとレンズフォーカス、基盤に間違って触れることを防げます。カバーの取り外しも簡単で、BOFA 3D PrintPRO といった換気装置との接続もでき、本格的な規制のあるワークスペースでも対応できま

+ ¥55,000
Additional options total:
Order total:
商品コード: P31001 商品カテゴリー: , ,

商品説明


今までの光造形機に満足していない方へ

2時間半で10本の指輪が 正確に造型できる
運用保証と国内保守がついた高機能光造形機

b9-gold-plan

数年前に購入した光造形機が壊れたので修理しようと思ったら200万掛かると言われ、どうしようか悩んでいる。」

今使用している造形機の造型速度が遅く、もう一台導入しないと回しきれないのが現状だが、同機種を買う経済的余裕がない。」

「不調や故障時に対応が遅く、しっかりと国内で修理・メンテナンスができるマシンがあればいいのにと思っている。」

消耗品と年間のメンテナンス費が高すぎて、負担になっている。

このような悩みを解決します!

b9-emerald-resin-5

総合評価

残念ながら「完璧な万能3Dプリンター」は存在しませんが
ご自身の用途に「ピッタリなツール」を選ぶことは可能です

B9Creatorはとてもコンパクトで、背面には壁掛け用のブラケットもついています。精度と価格だけでなくスマートなデザインも魅力の一つです。

評論コメント

2014年に光造形に関する特許が失効してから、価格がぐんと下がった安価なSLAプリンターが続々と登場し光造形市場は大いに盛り上がっている。

今では10万円台から買える光造形機も巷で目にすることが多くなったが、大幅に下がる価格とは裏腹に、使いやすさの面では進歩どころか後退しているような機種さえ多いのがこの市場の特徴だろう。

」液体の樹脂に細かな光を離れたことろから照射し、硬化させて形を作っていく」光造形機の原理を考えただけでも、なんとなくどこか少しでも間違えばジュエリー製作者の求めるミクロな世界は実現不可能だということがお分かりいただけるのではないだろうか・・・

その中でもB9Creatorは初期のバージョン0から大幅な改良を経て、今では3か月で1000台以上も売れている光造形機として発表当時から数年にわたりその人気は衰えることがない(ちなみに2015年は米国の宝飾業界で導入数No1の実績がある)。

その理由は中小企業でも手の届く価格だけでなく、今までの2000万円台クラスの機器に劣らぬ精密造形、そして何よりも造形スピードと直接鋳造性に長けたオリジナル樹脂にある。

造形速度に関しては、DLP方式なので10個同時に造形しても1個造形するのと同じ時間でできる。このためB9Creatorを使用して、一日2回造形運転し、月に300個以上ジュエリーを製造している企業も多い。

FDM式の3Dプリンターよりも若干手がかかるが、初めて光造形機に触れる方でも一日研修を受けて1か月も使用すれば十分特性も理解でき、造形機能をフル仕事に活用することが可能だ。

日本国内で正式な修理や保守が受けられるのは真剣に機器の導入を検討してる方にとっては魅力的だろうし、さらにハードウェアの製造自体もアメリカのサウスダコタ州の自社工場で丁寧に一台一台クオリティコントロールされているのも信頼性を得る理由の一つだろう。

性能

総合評価

汎用性
扱いやすさ
精度
価格

特記すべき機能性

造形美

b9creator3

DLP方式を採択した設計でだからX,Y軸の誤差は5μ以下、Z軸のレイヤーは25μまで実現できます。

インクジェット方式やガルボレーザー式の光造形機が苦手とする爪や微細な穴部分もB9Creator v1.2ならきれいに出力できます。

造形スピード

b9-print-platinum

細めの指輪なら、10本以上が同時に全て2時間半で造形できます。

このスピードだから月に300本以上を造形する必要のある会社でも問題なく使用ができます。

静かでコンパクト

b9 compact

マシンの隣で作業をしていても気にならないくらい静かな動作音です。さらに、横にスライドしていく設計はForm2も参考にしているほど効率的な動作で、よりレジンが無駄なくきれいに動き、造形物にも負担の少ないデザインです。

小さなロボットのような見た目で、場所も取りません。机の上でも使用できるサイズで個人宅でも無理なく設置できます。

確かな直接鋳造

b9gold

B9クリエーターが独自開発したレジンならシルバー・ゴールドはもちろん、プラチナまで直接鋳造ができます。

<ダイレクトキャスト用樹脂> エメラルド、イエロー、チェリー
<フィギア、エンジニア用> ブラック
<歯科技工用> デンタル

低ランニングコスト

b9creator4

毎回テフロンシートを交換したり、樹脂がすごく高額だったりと消耗品やパーツ交換にかかる費用がネックとなる光造形機。

B9Creatorはユーザーの欲しいを形にした3Dプリンターです。だからこそ、業界内で一番ともいえる低いランニングコストを誇っています。

精密機器やフィギアでも

B9-black-resin-batman

用途に合わせた樹脂と出力設定ができるから、様々な業界で使用できます。

最も多いのがジュエリーですが、フィギアや、ネジなどの精密部品、歯科技工用の造形などでも愛用されています。


オプションサービス

トラブルを防ぐ設置・研修

icon-heart

折角導入したマシンをフル活用するためには、マシンとソフトウェア使用方法を学んでいただくことが不可欠です。

納品日に当社の技術スタッフが設置にお伺いします。パソコン設定からソフトウェアのダウンロード、適切に使用するためのマシン配置などもすべてお任せください!

設置後はマシンをお使いになる方に使用方法の研修をいたします。造形試験などを含むため、半日以上お時間をいただくこととなりますが導入初期のストレスが劇的に軽減されます。

設置・研修サービス:30,000円(税別)
別途、交通費が実費でかかります。

安心の国内保証

tools-icon

DDDJapan.comではB9Creations社と提携し、日本国内でのサービスセンターとして「B9Creator v1.2 運用保証プログラム」をご提供することとなりました。

ご購入検討時から、納品設置、導入後のオペレーションの流れまで、徹底的にサポートいたします。
使用頻度やご予算によりシルバー、ゴールド、プラチナの3つの保守プランから選ぶことができます。

また、中古のB9クリエーターでも事前審査を通れば保守サポートに加入できるので、今まで眠っていたB9もメンテナンスや使用方法研修を通じてまた仕事の役に立つようになります。


DDDJapanの提供する解決策

従来の光造形機に対する不満

光造形技術は、従来特許に縛られた海外製品というイメージが強いものでした。
光造形技術が発表された当時、ジュエリーメイクの新しい一歩として世界中の先進的ジュエリー企業が1000万クラスのマシンを導入しましたが
マシンのパーツは特注、消耗品も高価、極秘のノウハウからメンテナンスはあくまでメーカー本国のみでの対応と
マシンの維持だけでもお金と労力のかかるものでした。

光造形の特許が失効した2014年後も、B9Creations社の前世代機種を含める様々なマシンが低い価格帯で登場しましたが、日本国内での正規メンテナンスや修理を行っている代理店やサポートセンターが存在せず、光造形市場に対する不信感は一向に改善しませんでした。

b9-machine-3

無料サンプル

ご興味を持っていただいた方には無料でサンプル造型をいたします。
info宛もしくは担当者、最寄り代理店宛メールにて受け付けております。
おすすめのキャスト屋さんも紹介していますのでお気軽にご相談ください。

デモンストレーション

実機を見てソフトウェアの使用方法なども事前にご覧いただけます。

目の前で試作造形もいたしますので気兼ねなくお尋ねください!

設置もおまかせ

納品日には当社の技術スタッフが設置にお伺いします。パソコン設定からソフトウェアのダウンロード、適切に使用するためのマシン配置などもすべてお任せください!

オペレーター研修

何人でも、マシンをお使いになる方に使用方法の研修をいたします。造形試験などを含むため、半日以上お時間をいただくこととなりますが導入初期のストレスが劇的に軽減されます。

必要なものは全て付属

初めて光硬化樹脂を使用する方でもすぐに使えるよう、オペレーションに必要となる小物は全て揃えて納品に行きます。

ニトリルグローブやペーパータオル、漏斗、遮光ボトル、洗浄用ケース、アセトン、など導入時のストレスにつながる細々な手配も全てお任せください。

導入後のサポート

導入後、メールや電話にていつでも質問やご相談を承ります。もちろん日本語にてご相談いただけますので安心です。

遠隔で解決できない問題はすぐに現地へお伺いし修正いたします。

年間保証

万が一の初期不良時には迅速にパーツもしくは本体の交換を無償で行います。1年単位で更新できる保証なので、加入し続ける限り初期不良でない場合も国内にて修理・メンテナンスをいたします。

選べる保守内容

使用頻度や予算によって、3つの中から最適な保守の内容をお選びいただけます。

新規でご購入の方には初年度の保守サポートのみ加入が必須となっておりますが、次年度からの加入は任意なので必要性に応じて選ぶことができます。


動画 スペック FAQ

B9Creatorに付属のソフトウェアを使って、3Dデータを読み込み、サポートをつけていきます。

後は自分の好きなようにレイアウトし、造形するだけ!

造形の土台となる部分やメインのサポートなどの適切な設定方法も納品時に学んでいただけます。

本体サイズ:

必要電源:

造形サイズ: 最大104 x 75 x 203 mm

使用素材: 液体光硬化樹脂

x,y解像度: 30μ、50μ、70μで設定可能

z 解像度: 5μから設定可能(現在実現可能な積層は25μまで)

B9Creatorを稼働させるために必要なソフトウェアも本体に付属しています。
ライセンス料などの別途料金は一切かかりません。

できるだけB9Creatorの稼働専属で使用できるパソコンを1台ご用意ください。
稼働中はマシンとパソコンを接続したままにする必要があります。

Windows8以上のパソコンであればノートパソコンでも全く問題ありません。
Macも対応しています。

HDMIケーブルの差し込めるものを用意してください。
USBの差し口も一か所空けておく必要があります。

ディスプレイ解像度も1920×1080ピクセルあれば文句なしです。

光硬化樹脂を使用する3Dプリンターは、フィラメントタイプのものより少し手間がかかります。

  1. 造形物を洗浄したり、使わないレジンをきれいにしたりと、水を使用することが多々あるのでできるだけシンクなどの水道にアクセスができることが必要です。
  2. 液体を扱うのでマシンを水平な場所に置かなければなりません。
  3. レジンに臭いがあるので換気のできる場所が好ましいです。

上記事項を予めチェックしておくと導入がスムーズに運びます。

リース契約もご用意しています。シルバープラン加入の場合、5年間の契約でひと月およそ18600円(税別)となります。

レジン(色:チェリー)の燃焼サイクルと鋳造に関するヒント

フェルナンド・コルテス氏による燃焼サイクルと鋳造に関するヒント

燃焼工程に入る前に必ず紫外線効果を十分にしてください(W数にも依りますがネイル用の弱いものなら3時間ほど当ててください)。

下記のサイクルにしたがって加熱してください(埋没材:Satin Cast20使用)

重要:必ず炉内の温度が732℃に達するよう調整してください。

こちらのムービーでは実際にどのようにB9Creatorを使用することができるのかと見ることができます。

www.b9c.com/applications/jewelers

339fbfe5-54a0-4ce5-8898-46467a78282e2

ロバート・ホウイー氏による燃焼サイクルと鋳造に関するヒント

SatinCast20を製造会社の指定通りの分量で混ぜます(Platicastを使用する人もいます)。冷たい水で混ぜたほうが、より硬く固まります。

フラスコは炉に入れる前に少なくとも2時間は寝かせてください。一晩寝かせる場合、埋没材メーカーによっては再度湿らせることを勧めていることもあります。埋没材の扱い方は個々の製造会社の推奨にしたがってください。

1.室温で開始し、149℃まで徐々に上げたら1時間その温度を保持します。石膏を完全に乾燥させ、樹脂を硬化させます。

2.コントローラーが許す限りの速さで炉の温度を上げ(私の炉の場合537℃/時間)、371℃まであげたらその温度で2時間保持します。

3.同じようにできる限りの速さで732℃まで温度を上げ、2時間(フラスコのサイズやツリーについているモデルの数によっては3時間以上)保持します。

4.1時間かけて鋳造温度にまで炉の温度を下げます。鋳造温度に達したらさらにその温度で1時間(フラスコのサイズとモデル数による)保持し、その後キャストします。

メモ:

上記の焼成工程で保持する時間は半径が2と1/4インチ(57.2mm)から2と1/2インチ(63.5mm)までのフラスコサイズについてです。さらにフラスコ半径が1インチ(25.4mm)大きくなる毎に30分、温度を保持する時間を伸ばし、内部温度をしっかりと上昇させてください。小さめの炉には一度に3以上フラスコは入れないようにしましょう。

熱伝対で測定される温度は正確でないことが多い(私のTypeK:炉の名前 でテストしたところ15.5℃も実際の温度が低かった)ので必ずパネルに表示される温度ではなく実際に温度を測定し、使用する炉が732℃に達するように調整することをお奨めします。

私の場合、15.5℃分の温度差を訂正するためコントローラーでは773℃に設定し焼成しています。

小さな炉を使用している場合は炉内の空気が循環がとても大事です。レジンのカスがでると灰を伴うので、空気の循環が悪い場合は炉の床近くに通気孔を開けることも必要かもしれません。

炉の上部に通気孔がない場合は½-3/4インチ直径の穴をドリルで開けてください。炉の床から少なくともフラスコが1インチ(2.5センチ)上のところにおけるようにしてください(それより高い位置の場合は問題ありません)。大きめの炉やガス式の炉では下部が開いているのでこのような問題はありません。

フィリグリーなどきわめて複雑なデザインの場合、通気の力で残った灰を吹き飛ばすのもありです。ノズル部分を金属製に変えた小型の掃除機で残った灰を全部吸い取る人もいます。

コントローラーで表示されている炉の温度とフラスコ内部の温度が同じになるまでの温度帯を保持する時間を決めるとき、2と2/1インチフラスコでも30分ほどかかることを覚えていてください。


ギャラリー

b9cemerald

追加情報

重さ 15 kg

1 review for B9Creator v1.2 / B9クリエーター 1.2

  1. 5 5点満点

    使えない場合は、オブジェとして使えば良いかとの、ポップな形にも惹かれての導入でしたが、3DCAD、3Dプリンターの利用が今後もっと普及するであろうジュエリー製作の現場では、十二分に使えるベストな一台だと思います。直接鋳造が可能なレジンの有用性は元より、機能、サポート共に非常に満足して使っています。


レビューを追加する

閲覧履歴からのおすすめ もっと見る

チャットで相談しませんか
チャットで相談しませんか
気になることやご相談もお気軽にお話ください。
Connecting...
只今オペレーターが不在です。お時間をおいてからお話いただくか、メールにてご連絡くださいませ。email: info@dddjapan.com
只今チャットラインが混雑しております。順番にお繋ぎしますのでしばらくお待ちくださいませ。
:
:
:
こんにちは!ご質問は何でしょうか?
:
:
チャットを終了しました