3Dプリンター

日本初となる3Dプリンター複合サポートセンター発足に合わせ、日本市場に関して思うこと

日本市場はどこへ Mark TwoやCubicon、Raise3Dの様に今後更に用途に特化したハードウェアが参入してくることが予想される3Dプリンター市場だが、日本国内での購買数の伸び率は海外と比べると低迷気味なのが現状だ。 買い控えの一番大きな理由にはハイプサイクルがあるが、その内容としては2010年以降どっと流出してきた海外製品に対する日本国内でのサポートや修理が不十分だったためにユーザーがトラウマのような経験をし、3Dプリント技術全般に対して不信感を覚えてるというようなことだ。 単純にハイプサイクルが原因だろうか。 日本の3Dプリント市場が伸び悩む背景には言葉の壁や経営方針、さらには文化の違いといった海外メーカーと日本代理店の間の大きなギャップがあることが否定できないのではないか。 ガートナー社のハイプサイクルは3Dプリント技術にも当てはまる。今が丁度底辺だろうか。 メーカー保証に対する考え方の違いと等価交換について 例えば「メーカー保証」という考えについて考察してみよう。 海外では「パーツは無償で提供するけど、修理は自分でやってね。」というのがメーカー保証の意味で、日本の「売った方が全て責任を取れ」という関係とは全く異る。 特にDIY(do it yourself 自分でやる)の文化精神が強いアメリカと比較すると、3Dプリンターの修理もメーカーと直接話したり、パーツをもらったら自分で調べて何とかするというのが普通だ。マシンに関するユーザーフォーラムでは裏ワザの披露や質問、議論が絶えず活発的に交換されている。 英語で読み書きができないと一般公開されている情報も自由に取得することができず、フォーラムなどを運営するマシンも結局はその魅力を発揮できない。 Lultsbotは世界最大級のユーザーフォーラムを持つ3Dプリンターブランドだ。 海外製品を日本のメーカー保証基準に合わせて販売するためには、代理店が努力してその価値を負荷しなければならない。そこまでには様々なハードルが立ちふさがる。そもそも日本人の保証に対する考え方をメーカーが理解しないことも非常によくあるし、多くの代理店にアプローチしたいメーカーなら、販売の質など気にせず数だけ売りたいこともある。 年間500台以上が新規参入する3Dプリンター市場ではほとんどのメーカーがベンチャーやスタートアップで、大手企業が牛耳る日本のようなスローテンポな物流取引に魅力を感じず、そもそも参入を真剣に考えていない企業も多い。 3Dプリンターの第一言語は英語だ。言葉の障壁が高く自由に情報を取得できない日本市場では国内での正規修理・メンテナンスの有無が将来も大きな価値として認識され続けるだろう。 その結果として当然、お金と価値を「等価交換」する売買では海外で設定されている価格よりも値上がりをせざるを得ない。 保証内容だけでなくユーザーマニュアルも日本語に特別に書き下ろさなければならないし、おそらく拡販の為のマーケティングも実費でエキスポなどに参加せざるを得ないだろう。 マシンが高かろうが、安かろうが特殊な産業用3Dプリンターを除き”日本人対応”に掛かるコストは余り変わらない。日本人の人件費は安くないし、そこまでの労力を掛けてペイできる、もしくはユーザーが良しとする価格帯を維持できるマシンは限られてくる。 そう。10万以下のような3Dプリンターの売買際して代理店が全て責任を負うようなことは理に適わないのだ。Trinusのようにスケールする場合は話が別だが、月数台の販売数で日本基準の保証を付帯しようものなら10万のものが倍の価格になってしまうだろう。 Trinusスケールする商品は低価格でもきちんとした保証を付帯することができる。大卸と卸、そして代理店から代理店へ 「海外より高額でも日本国内で正規サポートが受けられない3Dプリンターもあるではないか。」 と思う方がいらっしゃるだろう。 日本特有の物流の流れが価格吊り上げに絡んでおり、日本の大手商社は市場の中でまあまあ良く安い製品をピックアップし、独占契約を迫る。競合の参入を排除し安心してお抱えの流通網へ商品を流すが、エンドユーザーへものが到着するまでには何社もの代理店が間に入るので価格は当初の3倍に。 これが日本の3Dプリント市場の成長を妨げている原因の一つでもあり、また、多くの代理店は3Dプリンターを扱うのが初めてだったりと販売する商品に関する知識が少ないのも販売後のトラブルを招く原因だろう。 Makerbot Replicator 2製造中止になったMakerbotシリーズは今も日本のエキスポではいたるところで目にするよりローカルに、バーティカルに統合が進む 3Dプリント技術の醍醐味は物流連鎖の凝縮と人間の頭と手では不可能な構造を実現することにあると思っている。 3Dプリントを利用することで デザイン・設計、試作、決定、生産(将来的には量産も可能に)、販売 まで全てがローカルに、ローコストで可能になる。 町工場で設計から販売まで縦型統合をした企業が可能になれば、日本の田舎でさえ一気に活気づくかもしれない。 砂漠や惑星でその土地の資源を利用する3Dプリンターを組み立てれば、資源供給にロケットを何度も飛ばす必要なく無人で住居が建築できるかもしれない。 プロトタイプからジュエリー、芸術、建築、製造、自動車、航空、宇宙、医療、全てのものを作る人に3Dプリント技術の利点を知ってもらい、利用してもらいたい。 経済全体を動かすような大きな可能性を持つ技術だからこそ、将来のためにも日本はトップレベルで導入・研究を進めて欲しい。 ただ、今のままの物流体制や言葉の壁があるとその将来も危ういように思われる。 Markus Kayser - Solar Sinter ProjectMarkus Kayser - Solar Sinter Project砂漠の砂と太陽光を使って造形をする試み。宇宙での無人建築に繋がる鍵だ。

ファブラボに適した3Dプリンター(その1)

ファブラボ鎌倉やファブラボ渋谷の成功によって、新しいファブラボ/メーカースペース/シェアオフィス/ミニ工場といった類の施設が、日本中で毎日のようにオープンしています。彼らからの要望で最も多いのは「うちのファブラボに3Dプリンターを一台推薦してほしい」というものです。そこで今回は、実際のプリンターを一覧し、いくつかの質問を通じてファブラボに適した機種を考えてみたいと思います。 1.3Dプリンター選択のための質問  私が作った3Dプリンターガイドブックに既に書いてありますが、まずはあなたが3Dプリンターに望むことをリストアップすることから始めましょう。その時に、ぼんやりした要望を避け、できるだけ具体的に挙げましょう。「早い」「高品質」「高信頼性」「安い」は悪くないのですが、次のような形で書き留めるべきです。  ・ファブラボの利用者は誰?  ・スタッフは誰?  ・臭いがしても大丈夫?  ・騒音はどこまで許される?  ・どれくらい大きなものが作れる?  ・3Dプリントしたい材料の種類は?  ・購入の予算は?  ・一日当たり期待できる使用者数は?  ・消耗品費用は誰が払う? 2.3Dプリンター質問への回答例  私の実際のクライアントと良くあるシナリオをミックスしたファブラボの例を創造し、その場合の前記質問への回答は次のようになります。  ・ファブラボの利用者は誰? →建築家とデザイナー  ・スタッフは誰? →ほとんどがパートタイマーで平均的な時給  ・臭いがしても大丈夫? →No  ・騒音は許される? →Yes  ・どれくらい大きなものが作れる? →10 cm x 10 cm x 10cm  ・3Dプリントしたい材料の種類は? →ABS, PLA, 木  ・購入の予算は? →90万円  ・一日当たりの予想使用者数は? →10人  ・消耗品費用は誰が払う? →利用者がファブラボ内で購入  最初の質問は一般に『私のクライアントは誰』ですが、それはこの質問への答が通常、どんな素材が必要か、とか『どれくらいの寸法まで作りたいか』に大きく関与するからです。  私のファブラボの例は有名な建築系大学の隣にあり、その学生をターゲットにしようとしています。従って、どのようなプラスチック製品でも良いのですが、初めに聞いたところでは、多くの学生が木材に似た素材を使いたいということでした。また、造形物がしばしば10cm×10cm×10cmを越えることも分かりました。そして建物は縦方向に長いことが多いために、高さ方向の寸法がより重要であると考えました。  においと換気も考慮する必要があります。ほとんどすべてのプラスチックはわずかなにおいを持ち、中には少し有毒なものもあります。私はファブラボの中でモチとあんこを提供しようとしており、十分な換気能力がないため、匂ってほしくないのです。私達はABSを使う予定なので、カバー付きで適度に換気された3Dプリンターが必要です。   私のスタッフの大半がパートタイムの労働者を想定しており、それでも高い生産性を上げるためには、3Dプリンターの使い勝手が非常に重要です。いくつかの3Dプリンターはひとつの誤作業でも問題を発生します。作業テーブル自動調整やフィラメントタイプ毎の温度設定などの機能は、数時間使用経験だけの利用者のためには非常に役立つでしょう。  ファブラボの3Dプリンター予算を決める時は、何人の利用者がどんな価格体系で使うかを考える必要があります。人気のあるファブラボでは、3Dプリンターが1日で15回も利用されるかもしれません。一般に、ファブラボの3Dプリンターの最も大きい制約の1つは時間です。私のユーザーの1人がよく作っている5×5×15cmの3D製作物は5~15時間もかかります。3Dプリント渋滞はファブラボにおけるフラストレーションの最も一般的な原因の1つであり、あなたの予算に応じて前もって計画しておく以外に良い解決策がありません。ほとんどすべてのケースで、ファブラボの3Dプリンター数は予定の二倍を用意し、機能リストを減らすのが良いでしょう。私のケース例で当初予算は900000円であり、それは1日ユーザーあたり100000円より少し少ないものです。  ほとんどのケースで、ハードウェア予算の最も重要な部分は、3Dプリントのランニングコストとサービス契約料でしょう。つまり信頼できる3Dプリンターを買う方がずっと安いことになります。あなたは3Dプリンターメーカーのためだけに150000円の追加部品代を払うことになるかもしれません。一方、より信頼できる3Dプリンターを買えば、もっと安く済んだかもしれないのです。  また、騒音も考慮しましょう。典型的な3Dプリンターは、約40dBから60dBの騒音を出します。私のファブラボのケースでは他の設備も稼働していてうるさいため、3Dプリンターの騒音は問題になりませんが、図書館などのより敏感な場所で造形している時はそれを考慮する必要があります。  この続きは、次回、ファブラボに適した3Dプリンター(その2)で解説します。

BCN3D Sigma 入荷しました!

皆様、こんにちは! ゆりやです。 甲府は大雨ですね~   さて、先日入荷した商品をご紹介します。 スペインメーカーの2色3Dプリンター、 BCN3D Sigma です。 単色だとモデルの形を見ることだけを重視しますが、2色使えればより実装に近いプロトタイプが可能になります。 BCN3D さんから送られたサンプルをご覧ください! やっぱり色は多いほうがいいですね。

3Dプリンターで印刷したオカリナ

皆さん、こんにちは! さっきオカリナを3Dプリントし終わって、写真を撮って、ブログを書くことにしました。 皆さん、オカリナってご存じでしょうか? 1860年頃、イタリアのドナーティが考案した主に陶土製の気鳴楽器で、その形からスィート・ポテトの愛称がある。鳩笛のように固定の吹口から息を吹き込み、空気抵抗で発音させる。胴に開けられた指穴を開くことによって音階を得る。いろいろなサイズ、種類があって定型がないが、いずれのオカリナも1オクターブと5音の音域を持つ。リコーダーなどと同じく、素朴で澄んだ音色に特徴がある。また、ドナーティのものとは別に、世界各地に同様の楽器が分布しており、形、材質も様々である。   オカリナのパフォーマンスを見て感動して、3Dプリンターでオカリナを印刷できるかなーって気になって、Google先生に聞いてみました。 様々な3Dモデルが出てきたんですけど、可愛くてシンプルなデザインのオカリナにしました。3Dモデルをご覧ください 3Dプリンター:Cubicon Single フィラメント:eSUN ABS 1,75mm Natural プリント時間:3時間49分 3Dプリントのはちょっと時間がかかりますが、結果をご覧ください! いかがでしょうか?

3dプリンターで母の日のプレゼントを作りましょう!

皆さん、おはようございます(^^) ユリヤです! いよいよ母の日になりました。日常の忙しさに、つい言い訳が先行してしまいがちな「親孝行」ですが、あなたは「母の日」をどのように過ごされてますでしょうか? 私はうちの母親に半年ぶり会うために香港に来ました。久しぶりに会えて二人ともとても嬉しくて毎日楽しくを過ごしています! 今年は母の日のプレゼントを何にしましたか?チョコレート?花束? 3dプリンターを持っている方、ちょっとつまらないだと思いませんか? DDDJapanは皆さんのお母さんためにこういうものをCubicon Singleで印刷してきました ご覧ください! NinjaFlexっていうフィラメントを使ってCubicon Singleでプリントは5時間くらいかかりました。 結果はこちら: いかがでしょうか?  

GenkeiのLeptonが届きました!

皆さん、こんにちは! 連休どこかに出かていますか? せっかくのお休みだから、GWを楽しみましょう! さて、先日GenkeiメーカのLeptonっていう3dプリンターが届きました。 とても素敵な3dプリンターですよ。 ご覧ください ちなみにLeptonはどんなマシーンでしょうか? Lepton 3Dプリンターは日本初のオープンソース3Dプリンターatomの後継機を目標に開発されました。 日本におけるパーソナル3Dプリンターを最初期から提供しているGenkeiから、atomに蓄積されている3Dプリンターの開発経験と多くのコミュニティメンバーから頂いたアドバイス、フィードバックや超高品質な3Dプリントに必要な知識を詰め込んだ正統な3Dプリンターです。atomと同じく製造のプロフェッショナル、クリエイター、教育機関、そして個人までどなたでも簡単に永くお使い頂ける新しいものづくりのパートナーとして提供致します。 機体のフレームから射出系に至るまで全て国内で加工し、組み立ても国内で行い皆様にお届けします。         Size / 本体サイズ: W/幅 : 350mm D/奥 : 350mm (リール無しの場合) H/高 : 430mm Printable Area / プリントエリア: X軸 186mm Y軸 200mm (Single Head1射出時) Z軸 200mm (H/高さ) Layer Height / 積層ピッチ:0.3 (0.4mmノズル時)~ 0.025mm Speed / プリントスピード:5~120mm/s Leptonについてもっと詳しくこちら。     そして、皆さんはもうDDDJapanのスペシャルキャンペーンについてご存知ですか? まだまだという方がこちら!   良い連休を過ごしますように(^^)

ディアゴスティーニの3Dプリンターが完成しました!

全55週の組み立て式3Dプリンターが完成! 本体がアクリルで、基盤や配線が全て丸見え!!ビジュアル的にはかなりかっこいいです。 基本的に金属構造のプリンターでないと精度は出ないので、 「精度が出ない!」と文句を言うのはなしですね。 造型サイズ 150(幅)x130(奥行)x100(高さ)mm 対応フィラメント直径 1.75mm 今回の3Dプリンターは 組み立てる楽しさ、見た目のかっこよさ、充実感があるので、これくらいの造型でも納得? テストプリントはこんな感じです。 それでも創刊号から合計で税込11,8590円かかるので・・・ RepRapのWanhao Duplicator 1台(税込 51,732円) + Printerbot Play 1台(税込 59,400円 )の2 台を買ってもお釣りがきますね。 組み立てる楽しみと可愛がりようがあるとはいえ、実用性を求めるとちょっと物足りないかな?