Author - Aiko

日本初となる3Dプリンター複合サポートセンター発足に合わせ、日本市場に関して思うこと

日本市場はどこへ Mark TwoやCubicon、Raise3Dの様に今後更に用途に特化したハードウェアが参入してくることが予想される3Dプリンター市場だが、日本国内での購買数の伸び率は海外と比べると低迷気味なのが現状だ。 買い控えの一番大きな理由にはハイプサイクルがあるが、その内容としては2010年以降どっと流出してきた海外製品に対する日本国内でのサポートや修理が不十分だったためにユーザーがトラウマのような経験をし、3Dプリント技術全般に対して不信感を覚えてるというようなことだ。 単純にハイプサイクルが原因だろうか。 日本の3Dプリント市場が伸び悩む背景には言葉の壁や経営方針、さらには文化の違いといった海外メーカーと日本代理店の間の大きなギャップがあることが否定できないのではないか。 ガートナー社のハイプサイクルは3Dプリント技術にも当てはまる。今が丁度底辺だろうか。 メーカー保証に対する考え方の違いと等価交換について 例えば「メーカー保証」という考えについて考察してみよう。 海外では「パーツは無償で提供するけど、修理は自分でやってね。」というのがメーカー保証の意味で、日本の「売った方が全て責任を取れ」という関係とは全く異る。 特にDIY(do it yourself 自分でやる)の文化精神が強いアメリカと比較すると、3Dプリンターの修理もメーカーと直接話したり、パーツをもらったら自分で調べて何とかするというのが普通だ。マシンに関するユーザーフォーラムでは裏ワザの披露や質問、議論が絶えず活発的に交換されている。 英語で読み書きができないと一般公開されている情報も自由に取得することができず、フォーラムなどを運営するマシンも結局はその魅力を発揮できない。 Lultsbotは世界最大級のユーザーフォーラムを持つ3Dプリンターブランドだ。 海外製品を日本のメーカー保証基準に合わせて販売するためには、代理店が努力してその価値を負荷しなければならない。そこまでには様々なハードルが立ちふさがる。そもそも日本人の保証に対する考え方をメーカーが理解しないことも非常によくあるし、多くの代理店にアプローチしたいメーカーなら、販売の質など気にせず数だけ売りたいこともある。 年間500台以上が新規参入する3Dプリンター市場ではほとんどのメーカーがベンチャーやスタートアップで、大手企業が牛耳る日本のようなスローテンポな物流取引に魅力を感じず、そもそも参入を真剣に考えていない企業も多い。 3Dプリンターの第一言語は英語だ。言葉の障壁が高く自由に情報を取得できない日本市場では国内での正規修理・メンテナンスの有無が将来も大きな価値として認識され続けるだろう。 その結果として当然、お金と価値を「等価交換」する売買では海外で設定されている価格よりも値上がりをせざるを得ない。 保証内容だけでなくユーザーマニュアルも日本語に特別に書き下ろさなければならないし、おそらく拡販の為のマーケティングも実費でエキスポなどに参加せざるを得ないだろう。 マシンが高かろうが、安かろうが特殊な産業用3Dプリンターを除き”日本人対応”に掛かるコストは余り変わらない。日本人の人件費は安くないし、そこまでの労力を掛けてペイできる、もしくはユーザーが良しとする価格帯を維持できるマシンは限られてくる。 そう。10万以下のような3Dプリンターの売買際して代理店が全て責任を負うようなことは理に適わないのだ。Trinusのようにスケールする場合は話が別だが、月数台の販売数で日本基準の保証を付帯しようものなら10万のものが倍の価格になってしまうだろう。 Trinusスケールする商品は低価格でもきちんとした保証を付帯することができる。大卸と卸、そして代理店から代理店へ 「海外より高額でも日本国内で正規サポートが受けられない3Dプリンターもあるではないか。」 と思う方がいらっしゃるだろう。 日本特有の物流の流れが価格吊り上げに絡んでおり、日本の大手商社は市場の中でまあまあ良く安い製品をピックアップし、独占契約を迫る。競合の参入を排除し安心してお抱えの流通網へ商品を流すが、エンドユーザーへものが到着するまでには何社もの代理店が間に入るので価格は当初の3倍に。 これが日本の3Dプリント市場の成長を妨げている原因の一つでもあり、また、多くの代理店は3Dプリンターを扱うのが初めてだったりと販売する商品に関する知識が少ないのも販売後のトラブルを招く原因だろう。 Makerbot Replicator 2製造中止になったMakerbotシリーズは今も日本のエキスポではいたるところで目にするよりローカルに、バーティカルに統合が進む 3Dプリント技術の醍醐味は物流連鎖の凝縮と人間の頭と手では不可能な構造を実現することにあると思っている。 3Dプリントを利用することで デザイン・設計、試作、決定、生産(将来的には量産も可能に)、販売 まで全てがローカルに、ローコストで可能になる。 町工場で設計から販売まで縦型統合をした企業が可能になれば、日本の田舎でさえ一気に活気づくかもしれない。 砂漠や惑星でその土地の資源を利用する3Dプリンターを組み立てれば、資源供給にロケットを何度も飛ばす必要なく無人で住居が建築できるかもしれない。 プロトタイプからジュエリー、芸術、建築、製造、自動車、航空、宇宙、医療、全てのものを作る人に3Dプリント技術の利点を知ってもらい、利用してもらいたい。 経済全体を動かすような大きな可能性を持つ技術だからこそ、将来のためにも日本はトップレベルで導入・研究を進めて欲しい。 ただ、今のままの物流体制や言葉の壁があるとその将来も危ういように思われる。 Markus Kayser - Solar Sinter ProjectMarkus Kayser - Solar Sinter Project砂漠の砂と太陽光を使って造形をする試み。宇宙での無人建築に繋がる鍵だ。

ディアゴスティーニの3Dプリンターが完成しました!

全55週の組み立て式3Dプリンターが完成! 本体がアクリルで、基盤や配線が全て丸見え!!ビジュアル的にはかなりかっこいいです。 基本的に金属構造のプリンターでないと精度は出ないので、 「精度が出ない!」と文句を言うのはなしですね。 造型サイズ 150(幅)x130(奥行)x100(高さ)mm 対応フィラメント直径 1.75mm 今回の3Dプリンターは 組み立てる楽しさ、見た目のかっこよさ、充実感があるので、これくらいの造型でも納得? テストプリントはこんな感じです。 それでも創刊号から合計で税込11,8590円かかるので・・・ RepRapのWanhao Duplicator 1台(税込 51,732円) + Printerbot Play 1台(税込 59,400円 )の2 台を買ってもお釣りがきますね。 組み立てる楽しみと可愛がりようがあるとはいえ、実用性を求めるとちょっと物足りないかな?

B9クリエーターに新しいレジンが加わりました!

今までのラインナップである :直接鋳造用のチェリー、 硬度重視のエンジニア向けのブラック、 そして大きな造形物(Z軸が70μでのプリント)用のレッド の3種類に加え、ジュエリーに特化した直接鋳造用レジンが2種類増えました! B9Creatorによるジュエリー向けレジン3種類 今までのチェリー(左)に加え、エメラルド(中)とイエロー(右)が発売されました <本当に直接鋳造できるの??> 3種類とも肌荒れなども全くなく、プリントした積層がくっきり出ているスムーズな仕上がりです。 <ルーペを通した拡大写真> B9Creator レジン イエロー 扱いが難しい代わりに、温度コントロールが上手くいけば陶器のような滑らかな仕上がりに。 3種類の中では一番温度に敏感で扱いが難しいとされているイエロー B9Creator レジン エメラルド 積層の様子 どの温度帯・時間配分で攻めればいいのか不安な内はエメラルドの方が鋳造成功率が高いかもしれません。 エメラルドはイエローと違い、温度帯に寛容なフォームラ(化学配合)になっています。 一番扱いやすいレジンがエメラルド。鋳造は株式会社エーアイさん シルバー B9Creator レジン チェリー   積層の様子 皆さんも見たことのある、オリジナルレジンです。安定の仕上がりですが、新しいライバルレジンに勝てるのか!? サイドのデザイン。出来上がりに対する文句はないです。 つめの部分。あれ?エメラルドの方が角が際立っているかも?? 同じフラスコ・同じ条件で直接鋳造してもらいました(925シルバー) <まとめ> それぞれの特性とは・・・? B9Creator レジン イエロー 1kg 35,000円 ・温度帯に敏感で、正確なコントロールが難しい。 でも上手くいったときの仕上がりが最高ランク、陶器のような仕上がり いわば「ランボルギーニ」のようなレジン B9Creator レジン エメラルド 1kg 32,000円 ・温度帯に寛容で、使いこなすのが比較的簡単。 仕上がりもトップレベル、つめの角までくっきり出ます いわば「ポルシェ」タイプ B9Creator レジン チェリー 1kg 24,000円 ・価格もお手ごろでみんなが使えるスタンダードなレジン ハイスタンダードな仕上がり いわば「フィアット」タイプ B9Creatorを使用している鋳造師の間では、エメラルドが一番プラチナ鋳造の実験に向いているようです。 必要な温度帯や時間配分が分かれば今度はイエローで一気に仕上がりのランクを上げるのが得策です☆ 1月20日から東京ビックサイトにてIJT国際宝飾店に出展しています! 「B9Creatorを間近で見たい!」 「レジンが見たい!」 「鋳造結果が見たい!」 「質問したい!」 という方、是非お越しください!! ブース番号はA3-23です。 ご一報いただければご招待券を送付いたします。 ご遠慮なくご連絡ください!

自作3Dデータ・おもちゃ編(プラレール第一弾)

明けましておめでとうございます。 今日は雪が降りそうな寒さですね。 新年明け、去年出会った親子さんから嬉しいお知らせがありました。 「こんな3Dデータを作ってみました。」 見てみると、なんとプラレールのレールや、ロケット、三次元迷路、電車、プッチンプリン用容器など 精巧なデータが並んでいました! 3Dデータを作ったのは小学校4年生のD君。 Tinkercadという形を組み合わせてデータを作る無料オンラインソフトを使用しました。 データのできが予想を上回っており、これは是非とも実現化させてあげたい!とこちらで3Dプリントしてみました。 試作品第一弾の写真 ショールームへ来てもらい、自分のプラレールと合わせてみることに・・・! わくわく 第一弾はちょっとサイズが合わず・・・ 一番難しそうな台形のつなぎ部分は難なくはまりました! 最近分度器の使用法を学んだらしく、四角の両サイドに10℃の長方形を当ててピンポイントの台形を作り出していました。 クリエイティブ!!! しかし横の長さが微妙に違ったため、電車が脱線してしまいました・・・。 ということで、データをその場で修正することに。 Tinkercadは無料のオンラインソフトなので、どこでもインターネットがあればログインするだけで使用できるのが便利ですね。 <データを作成している動画はこちら> tinkercadを操作 B9Creatorにはさまれtinkercadでデータ修正を行う様子   どんな角度からでも物体を眺められます 空洞などをグループ化し、複雑な形を作っていきます 修正完了!ということで、早速プリントしてみました。 3Dプリンターを食い入るように見つめるD君 使用機は信頼のZortrax M200 <プリント設定> フィラメント:Z-Ultrat Blue 解像度:0.19mm (平らな面が多いので解像度は一番低いものを選びました) インフィル:Solid (ちょっと硬めな仕上がりに) サポート:80度以上の傾斜で付きます プリント時間:1時間47分 修正版プラレール用レールの完成 当日は時間がなく、近日完成品を取りに来る予定です。 さて修正版はぴったりとはまるのでしょうか!!?? 次回お楽しみに。

Taulman3D各種フィラメント紹介

こんにちは。 数ある3Dプリンター用フィラメントの中でも個性的なメーカー。 耐久性・強度といえばTaulman(トールマン)とも言われるナイロンを使ったフィラメントのプロです。 「そろそろ形を見るだけでなく、実用できるものが作りたいなぁ。」 という方!3Dプリントの幅を広げるなら、市場にあるフィラメントの種類も把握してきたいですね。 今日は、個人的にもお気に入りのTaulman3Dのフィラメントシリーズ紹介をしていきます! まず始めに、ナイロンやコポリマーなど、強度の高い素材をプリントするときに気をつけたいことを一つだけ。 「冷却ファンはオフにしてプリント」 Taulmanの素材は急激に冷却されると収縮して歪みがでてしまいます。 キレイにプリントするためにも、設定はきちんとしてあげたいですね。 ナイロンベース: ●Alloy 910 ————- 最も高い強度と耐久性をもつフォーミュラ(化学配合)です (DDDJapan.comのスタッフではアレキサンダーのお気に入りです)。 プリント温度:245-250℃ ヒーテッドベッド:45℃ なければBuildTakを使用すればOK ●Nylon 680 FDA —– FDA(アメリカ食品医薬品局)承認のアイテム。ナイロン645、618よりも強度が高い。 プリント温度:238-245℃ ●Nylon 645 ———— 耐薬品性が一番優れたアイテム プリント温度:245-255℃ ヒーテッドベッド:45℃ ●Nylon Bridge ——— 固着しやすく、収縮率が低く、歪みも少ない特別なナイロン プリント温度:245-265℃ ヒーテッドベッド:45℃ ●PCTPE —————- TPEにコポリマーを化合したフレックスなナイロン プリント温度:230-238℃ ヒーテッドベッド:70-80℃ ●Nylon 230 ————-画期的にプリント温度の低い、ツルツルとしたナイロン プリント温度:225℃-235℃ ヒーテッドベッド:45℃ なければBuildTakを使用すればOK ●Nylon 618 ————- 安定した粘度とツルツルとした表面。もっともスタンダードなナイロンフィラメント プリント温度:245-260℃ ヒーテッドベッド:55℃ もしくはガロライト製のプリントボードを使用してください コポリマー(小分子化合物)ベース: ●t-glase ——————明度と光沢度が高いポリマー。 クリア レッド グリーン ブルー ホワイト きらきらなのでクリスマスの飾りなどにも使えますね プリント温度:238℃-245℃ ヒーテッドベッド:45℃ ●TECH-G ————— PETGを元に開発されたデザインエンジニアリングや建築用途向けポリマー プリント温度:238-245℃ ヒーテッドベッド:45℃ ●n-vent ——————アンフォラ AM 1800を使用したスチレンフリーのポリマー クリア レッド グリーン ブルー ホワイト ブラック イエロー N-ventはTaulmanには珍しく色も豊富 プリント温度:250-255℃ ヒーテッドベッド:70-80℃ ●BluPrint —————– 耐久性に加え、圧倒的耐熱性を持つアウトドア用品に向けポリマー プリント温度:265-270℃ ヒーテッドベッド:95℃ ●Tritan —————- 最も安全性の高いポリマー。においもしません(DDDJapan.comスタッフ、デヴォアのお気に入り)。 プリント温度:270-280℃ ヒーテッドベッド:85-90℃ PLAベース: ●In-PLA ——— 耐久性の優れたPLA クリア レッド グリーン ブルー ホワイト ブラック プリント温度:207-212℃ ヒーテッドベッド:70℃ Poly-Ethylene Isomerベース: ●T-Lyne [...]

PolyMaker各種フィラメント紹介

こんにちは。 12月に入って、一気に冬らしくなりましたね。紅葉がまだ残っているのが不思議なくらいです。 DDDJapan.comでは夜中に部屋の温度が下がらないように毎日必死です。 朝、楽しみにしていた造型が歪んでいたりするとかなりショックですよね。 今日は、最近日本で爆発的に売れているPolymaker製のフィラメント各種について概要をざっとまとめてみました。 現在発売中の色のリストもカタカタ表記と合わせてリストになっています。 気になるプリント温度などの目安も書きましたのでお役立てください! 1. Poly Plus PLA Trueシリーズは全ての色にTrueがつきます。ビタミンカラーのような鮮やかな色が特徴です   True Black  トゥルーブラック True White  トゥルーホワイト True Natural  トゥルーナチュラル True Orange  トゥルーオレンジ True Yellow トゥルーイエロー True Blue  トゥルーブルー True Red トゥルーレッド   Translucentシリーズはその名も通り、半透明のフィラメントです。 透けそうで透けない絶妙なバランス。厚みで濃淡が楽しめますね。   Translucent Orange トランスルーセントオレンジ Translucent Yellow トランスルーセントイエロー Translucent Blue トランスルーセントブルー Translucent Red トランスルーセントレッド   プリント温度:195 – 230 °C プリント速度:30 – 60 mm/s ヒーテッドベッド:60-70℃ 2. Poly Max PLA PLAを超えたPLAともいえるフィラメント いままでPLAの弱点であった脆さを克服した結果、ABSよりも耐衝撃性に優れたPLAができました。   Orange オレンジ Red レッド Yellow イエロー Blue ブルー Black ブラック White ホワイト   プリント温度:190 – 220 °C プリント速度:40 – 120 mm/秒 ヒーテッドベッド:60-70℃ 3. PolyFlex PLA 少し硬めのゴムのような感触の造型ができます。 [...]

B9クリエーターで長細い造形物をきれいにプリントするコツ

みなさんこんにちは。 光造型の3Dプリンターを使う時に長細いもの(ブローチやバッックル、ティアラなど)がきれいに出力できない、歪んでしまうなんてことありませんか? そんな時は、光の当たり方や機械本体の調整が原因ということもありますが 実は多くのものがアラインの仕方(造型板上での配置の仕方)を変えるだけできれいに出力できるようになります。   今回は長細いものを例に大体のコツをお伝えいたします。 DDDJapan.comテクニカルチームでは、長く曲線的な造形物はいつも斜めに配置して出力しています。 「どうして?平らにした方が造型時間も短くて済むのに。」   平たい面の大きな造形物であればまさにその通りで、その上積層式の特徴として平らな面がツルツルにきれいに仕上がります。 しかし図のように柔らかな曲線を描くような形のものだと、平らにおくと逆に積層が目立ってしまいます。 また、出力面積の大きな部分は硬化したレジンとシリコン膜の間にスライド時に摩擦力がかかり造形物・レジンバットにダメージとなることもあります。 B9クリエーターではスライド式を採用しているのでシリコンと造形物に負担の少ない設計となっています。 上下移動をする光造型機では硬化した層とシリコン膜をはがすときに吸引力がかかり、面積の広い造型では特に配置方法に気を配る必要があります。 横から見た図 手書きの線でもなんとなく積層が目立ちそうだというのがお分かりになるのではないでしょうか。   「じゃあ真縦におけば一番きれいなんじゃないの?」 というと、そうでも無いんです。 縦に置いた図が下にありますが、B9クリエーターの場合は層の多さ=造形物の高さによって出力にかかる時間が決まります。 この場合ざっと5倍の10時間ほどかかることになりますが、出力結果は残念なものになることが非常に多いです。 なぜ?? 背の高く細身の造形物を出力していると先端(図下方向)に行くほど、スライドしたときに造形物に負荷が掛かります。   こんな感じで横に曲がってしまったり、負荷が強いと造型自体が崩れてしまうことがあります。   そこで積層のきめ細やかささとスライド時の負荷のどちらの課題もクリアできるのが斜めの配置です。     このように配置すると積層が目立たず、さらに造形物の歪みも防ぐことができます。 スライド式では特に、スライド方向と平行に造形物を置かないようにも注意してくださいね。 レジンの流れと一緒に誤差が出てしまう可能性があります。 上図の左にあるように、スライドの流れに対しても斜めに配置するようにしてください。   うちのB9クリエーター壊れてる???   という方、DDDJapan.comでメンテナンス・修理いたします。 お気軽にご相談ください。

ダーズベーダー完成

  約2週間の時間をかけてダーズベーダーが完成しました。 フィラメントの交換やPCの電源断にもめげず堂々の完成です。 ショールームの入り口で御出迎えをしています。 是非ご覧ください。

巨大なダーズベーダー作成中

身長65cmを超えるダーズベーダー(LEGO版)を作成中です。 ボディだけでもフィラメント1.5kg使用しています。 密度は20%で作成していますが、96時間かかる大作です。 ヘッドも約1kgの重さで、全部のパーツを仕上げるのに2週間は必要になります。 扇風機でヘッドを冷やしているのはフィラメントの詰まりを防止するために行っています。 長時間の作成を行った方は分かると思いますが、24時間程度連続で動かすと、ホットエンドの真ん中部分でフィラメントが熱膨張により詰まります。 室温にもよりますが、赤い部分(ヒーター部)の熱がセラミック部分まで上がってきてしまい、フィラメント溶解温度に達してしまうためです。 次期ホットエンドでは、放熱フィンと小型ファンを付けたホットエンドに改良されると思いますが、現在Printrbot社では試作段階で検証中のようです。 DDDjapanでは独自に小型ファンを取付できないか検討中です。 PLUSは大きな造形が綺麗にできるので、挑戦してみてください。 扇風機は必需品です!!!!!!

3D printing Meetup

I recently held a meetup group where we discussed everything from how a 3D printer works to the latest trends in the industry. The conversation was so diverse because of the diverse backgrounds of people in attendance. From industry experts, to designers, to experts in traditional forms of printing. Everyone was able to gather and learn from each other combined with the gracious support of FabCafe we were able to make the event a huge success. One of the major topics [...]